伊藤久右衛門 新作抹茶パフェも登場する「抹茶×チョコレートフェア2019」が開催

更新日:

江戸後期創業、京都・宇治茶の老舗 伊藤久右衛門は、2019年1月15日(火)より「抹茶×チョコレートフェア2019」を開始します。

抹茶好きに贈るチョコレートの祭典 ~抹茶meetsチョコレート~

生チョコレート、ボンボンショコラ、ガトーショコラなど、チョコレートも種類は様々。伊藤久右衛門の「抹茶×チョコレートフェア2019」では、すべてのチョコレートに宇治抹茶と宇治ほうじ茶を使用しています。抹茶苺トリュフ、抹茶ラングドシャ、抹茶チョコせんべい、抹茶チョコのお酒など。10種類を超える「宇治抹茶と宇治ほうじ茶」によるチョコレートの祭典、開幕です。

「抹茶チョコレートパフェ」

「抹茶チョコレートパフェ ドリンクセット」

抹茶とチョコレートのW主演 新作の抹茶チョコレートパフェ

ダークチョコレートとココアメレンゲが目をひく、2019年初の新作抹茶パフェが登場します。トッピングには、手土産の人気スイーツ「宇治抹茶生チョコレート」「宇治ほうじ茶生チョコレート」「抹茶苺トリュフ お茶苺さん」をあしらいました。抹茶アイス、抹茶ゼリー、白玉の下には、細かく砕いた薄焼きクッキー「ロイヤルティーヌ」を敷きつめ、チョコレートアイスにはチョコクッキーを。サクサク、もちもち、ツルツル、コリコリ。飽きがこない、振れ幅のある食感に組み立てました。抹茶に押されがちなチョコレートは、ダークチョコレートを用い、バランスを調整することで、抹茶だけが主役でない『抹茶とチョコレートのW主演』を実現。ドリンクセットは「宇治抹茶・抹茶カプチーノ・抹茶エスプレッソ」より選べるようになっています。

伊藤久右衛門のあゆみ

江戸後期・天保3年、初代伊藤常右衛門(いとうつねえもん)・瀧蔵が田原村 名村(現宇治田原南)にて茶業を携わったのがはじまりです。その後、二代目伊藤常右衛門・久三郎、三代目伊藤常右衛門・由松、四代目伊藤多吉と代々茶づくりを継承してまいりました。昭和27年、五代目伊藤久三が宇治田原から宇治の地へとうつり、宇治蓮華(現平等院表参道)で宇治茶販売の店舗を構えました。同年、会社設立にあたり、代々受け継いだ伊藤常右衛門の名を拝し、伊藤久三自身の名にある「久」の一文字をとって、社名を「株式会社伊藤久右衛門」としました。創業の地である宇治田原では、現在も伊藤家に代々受け継がれる茶園で茶づくりを続けています。

平等院店頭での初荷の写真

当時の茶工場

抹茶チョコレートパフェ概要

商品名  :抹茶チョコレートパフェ
販売期間 :2019年1月10日(木)~2月中旬予定
販売価格 :抹茶チョコレートパフェ単品 1,280円(税込)
      ドリンクセット       1,680円(税込)
取扱い店舗:宇治本店・JR宇治駅前店

伊藤久右衛門 抹茶×チョコレートフェア2019
特設サイト: https://www.itohkyuemon.co.jp/site/chocolate/index.html

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.