ボロネーゼ専門店「BIGOLI」が吉祥寺に上陸!ノムノでインスタ映えするボロネーゼが味わえる

投稿日:2019/05/27 16:15 更新日:

株式会社ChameLeonが運営する『nomuno coffee & wine library』で6月1日(土)より株式会社ジェイ・イシカワが展開する『BIGOLI』とのコラボ商品を販売開始します。

ボロネーゼとミートソース違いがわからない?

肉が主体のボロネーゼに対して、トマトが主体のミートソース。
混同してしまう理由は、ミートソースに「ボロネーゼ」と名付けてイメージアップを図った商品が多いからと言われています。

BIGOLIが選ばれる3つの理由

1.味が良く満足できるから
同店はボロネーゼ専門店。本格ボロネーゼはミートソースと異なりトマト味でもなければ、甘さもありません。手切りした肉がたっぷり食べられる、まさに肉料理。そんな同店のボロネーゼ、その品質の高さから、ひと皿2千円もする本格レストランにも卸すほどの実力派なんです。それを品質を落とすこと無く、そっくりそのままラーメンなみの価格と時間で提供。「本物を初めて食べた」「パスタのイメージが変わった」そんな評がここにあります。

2.スパゲティとは違うから
特にラーメンなどの麺類が好きな人がびっくりするのがベネチア名物の麺「ビゴリ」。高級店でしか食べられなかった希少な生麺を、日本で初めて全メニューに採用しました。
この、他にない独自の食感と食べごたえを体験しますと「もう普通のスパゲティや生パスタには戻れない」と評価される理由がわかると思います。

3.ガッツリ食べられるから
素材や味、使っている食器も含め、一流レストランのクオリティ。しかし、高級店のあの上品すぎる量は嬉しくありませんよね。
だから同店は他のレストラン二皿分を標準量としています。女性でも割とペロリと食べられますが、減らすことも、さらに3kg程度まで増量する事もできるようになっています。
「美味しいパスタが思いっきり食べられる店」「ボリュームと味の割にコスパが良い!」等と評価される理由がここにあります。

女性だって沢山食べたい!


女性だってたまにはがっつり食べたいですよね♪ノムノはおしゃれなカフェ・ワインバー。そんなノムノの看板メニューが新たに誕生しました。それが「BIGOLIのボロネーゼ」
TVやTwitterで話題になったインスタ映えNo.1メニューの「かまくらボロネーゼ」が食べられるようになっています。
それはふわふわの削りたてチーズでパスタが見えなくなる贅沢すぎる一皿。チーズ好きなら是非一度は食べてみて下さい。

BIGOLI(ビゴリ)とは

"ボロネーゼ"を看板商品とする製販一体のパスタ店。お肉のゴロゴロ感に加え、トマトや甘みに頼らない肉の旨味を引き出した本場の味わいは、従来のミートソースや和製ボロネーゼには無かった極めて男性好みの硬派な味。
コシの強い太麺と共に、ひと口で必ず印象に残る味に仕上げています。
同店提供の『標準サイズ』は、他店の2倍のボリューム。ラーメン屋さん程度の価格とスピードで提供することから、忙しいサラリーマンを中心に人気を博しています。​

山のようなグラナパダーノチーズをかき分けて食べる人気のトッピング:チーズMAX(税別300円)

『nomuno coffee & wine Library』店舗情報

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-12-10
営業時間:10:00-23:00(LO22:00)
電話番号:070-1433-690)
アクセス:JR「吉祥寺駅」より徒歩4分
公式サイト:http://kichijoji.nomuno.tokyo/

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2021 All Rights Reserved.