ミシュラン掲載店も出店する「ラーメン女子博」、全8店の限定ラーメン発表。ビジュアルや美容を意識し女性向けに。

更新日:

エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ株式会社(所在:東京都港区六本木)は、2015年3月7日(土)・8日(日)、横浜・赤レンガ倉庫にて開催する「ラーメン女子博15’–Ramen girls Festival-」に先駆けて、出店8店舗のオリジナルメニューを発表した。

mainこのオリジナルメニューは、同イベントプロデューサーの森本聡子さんが女子的視点で厳選した8店舗が、女子に楽しんでもらえることをコンセプトに、健康、ビジュアル、味を創意工夫した、ラーメン女子博のための限定メニュー。

会場では、美容・健康というコンセプトをもとにトッピングができるスイーツや、ドリンクを始め、スキンチェッカーによる肌チェック、美容カウンセリングコーナーなど、会場内には女性の美と健康をサポートする様々な仕掛けが用意されている。さらに、スマートフォン累計ダウンロード数260万、サービス累計390万ダウンロードを突破した大人気アプリ「ラーメン魂」も、ラーメン女子博とのコラボレーションを記念し、来場者にヘアゴムや紙エプロンなど、ラーメン女子必須グッズをプレゼントする。

人目を気にせずラーメンを食べられる女性限定エリアではブランケットやレンゲの貸出しもされ、女性に嬉しいホスピタリティも満載。また、通常よりも小さめサイズの丼といった“女性の食べ心地”への配慮に加え、“美”を意識したスムージー等の飲み物やかき氷、美味しいラーメンを作る“IKE麺(イケメン)”も堪能することができる。さらに、7日(土)には今年40周年を迎える「マイメロディ」が登場。移動式花屋「マイメロディの思いやりお花屋さん」を展開し、撮影会も行われる。

<8店舗のオリジナルメニューが決定>
■店舗名:麺や 庄の
■メニュー:プレミアム豆乳海老白湯
main
■店舗名:ラーメン愉悦処 似星
■メニュー:煮干しラーメン
sub2
■店舗名:麺やBar 渦
■メニュー:まろ辛ベジ豆乳らーめん
sub1
■店舗名:麺屋 六感堂
■メニュー:グリーン麺ゆずみつば和えそば
sub3
■店舗名:ソラノイロ
■メニュー:ベジの和えソバ
sub4
■店舗名:おっぱいラーメン×SOBAHOUSE 金色不如帰×ストライク軒
■メニュー:愛カップ♡クリームヌードル
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
■店舗名:牛骨らぁ麺マタドール
■メニュー:香る!牛塩らぁ麺
sub6
■店舗名:Bum Bun BLau Café with BeeHive
■メニュー:青森地鶏塩ラーメン
sub7
<当日会場MAP>
sub8■ラーメンエリアについて、会場MAP左から
①麺や 庄の
②麺やBar 渦
③麺屋 六感堂
④おっぱいラーメン×SOBAHOUSE 金色不如帰×ストライク軒
⑤牛骨らぁ麺マタドール
⑥ソラノイロ
⑦ラーメン愉悦処 似星
⑧Bum Bun BLau Café with BeeHive

<実施概要>
■タイトル:ラーメン女子博15’ -Ramen girls Festival-
■日程:2015年3月7日(土)、3月8日(日) 11:00~21:00(ラストオーダー20:30)※予定
■場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場
■入場料:無料※飲食の際には、飲食券購入が必要となります。※男性も入場可能です。
■飲食券:当日飲食券1500円(税込)/前売飲食券:1400円(税込)ラーメン1杯あたり900円/ハーフサイズ600円
※全国のセブン-イレブン・サークルK・サンクスの店舗にて発売中
■主催:ラーメン女子博実行委員会(TEL: 03-5545-9705/音声ガイダンス)
■公式Facebook:https://www.facebook.com/RamengirlsFestival
■公式twitter: @RamengirlsFes
■公式LINE ID:@ramengirlsfes(アカウント表示名: ラーメン女子博)
■公式Instagram:http://instagram.com/ramengirlsfes

◇「ラーメン女子博15’-Ramen girls Festival-」とは
ラーメン店を貸切り、女子が大いに語り、大いに食べる。そんなラーメン好き女子“ラーメン女子”に捧ぐ、史上初の女性に特化したラーメンイベント。普段一人でラーメン店に入りにくい女性でも思う存分ラーメンを楽しめるよう、会場には女性しか入場できないエリア(女性限定エリア)を設け、通常よりも小さめサイズの丼を用意し、一度にいくつものラーメンを堪能することができるなど、とことん女性を意識。“美”を意識した飲み物や美容コンテンツ、そして、美味しい男子“IKE麺(イケメン)”も会場を盛り上げる。

◇森本聡子プロフィール
「女性が一人でもラーメンを食べる事の出来るカルチャーを広めたい。」そんな思いから食べ歩きを開始してから10年。年間250杯以上食べるラーメン女子。男性中心のラーメンフリークが多い中、タレントとしても活動しながら、体型維持も視野に入れたラーメンライフにも注目。ラーメンに対する知識も豊富で「ラーメン女子会」を主催しメディアにも注目され始めている。

◇マイメロディ40周年記念イベント「マイメロディの思いやりお花屋さん」とは
マイメロディ40周年を記念し、大切な人への「思いやりの気持ち」を花とともに心に届けていこうという「マイメロディ」のメッセージを込めたイベント。「マイメロディ カングー」コラボカーの移動式お花屋さんが全国約10か所程度をまわる。3月3日(火)の日比谷公園噴水広場からスタートし、次の場所としてラーメン女子博へやってくる。マイメロディも登場し、ラッピングペーパーで包んだブーケを個数限定で販売するほか、東日本大震災復興支援の募金箱を設置し、募金をしてくれた人にお花の種のプレゼントも予定している。

◇スマホ向けラーメンゲーム「ラーメン魂」、「ラーメン女子博」限定アルバイトをプレゼント
スマホ向けラーメンゲーム「ラーメン魂」は、「ラーメン女子博」開催を記念して、限定アルバイトや、ラーメン女子必須グッズをプレゼントする。
【プレゼント内容】※スマートフォン版限定
【1】限定アルバイト「ゆめかちゃん(ラーメン女子)」
ラーメン女子博プロデューサー・森本聡子さん公認。かわいいラーメン女子がアルバイトになって登場。
「ラーメン女子博」で配布されるキーワードをゲーム内で入力するともらえる。
【2】ラーメン女子必須アイテム
「ラーメン女子博」のチケット購入ブースで「ラーメン魂」のゲーム画面をみせると、紙エプロンやヘアゴムなどをプレゼント。
■ラーメン魂のダウンロードはこちら
・「App Store」:https://itunes.apple.com/jp/app/id659282475?mt=8
・「Google Play」:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.sammy_net.googleplay.ra0001

sub9ゆめかちゃん(ラーメン女子)

Copyright Avex Group Holdings.
※すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.