Hotto Mottoほっともっと、全弁当メニューに平均16%の減塩を実施。旨み引き出しおいしさ維持へ。

更新日:

株式会社プレナス(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:塩井辰男)は、持ち帰り弁当のブランド「Hotto Motto (ほっともっと)」において、全弁当メニューを対象に平均16%※の減塩を2015年4月1日より実施することを発表した。※同社比(2015年3月現在の弁当メニューと4月1日時点の弁当メニューに含まれる食塩相当量の比較)

noriben

「Hotto Motto (ほっともっと)」は、2015年2月末現在、2,728店舗展開している。
厚生労働省が公表した「日本人の食事摂取基準」では、健康の保持・増進を図るために、食塩の摂取目標量が引き下げられるなど、近年、わが国の食事における減塩に対する意識やニーズは高まりを見せているとして、同ブランドでもでも減塩への要望に応え、より健康的な食生活を支えることができるよう全弁当メニューを対象に減塩を実施する。
今回の減塩を行うにあたりすべての商品の製造工程や調理工程を見直し、味付けに香辛料や酢を活用したり、昆布など素材の持つ旨みを引き立たせるレシピを開発するなどの工夫を行い、塩分を減らしながらもおいしさにこだわったとしている。

■減塩を実施した主なメニューの抜粋

商品名     現行の塩分量 減塩後の塩分量 減塩率
のり弁当      3.5g     2.7g    22.9%
から揚弁当     3.0g     2.8g    6.7%
ビーフカレー    3.4g     2.6g    23.5%
デミハンバーグ弁当 4.7g     2.9g    38.6%
肉野菜炒め弁当   4.1g     3.3g    19.5%

©2013 PLENUS Co.,ltd.

 

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.