日本酒「獺祭」ブランドの新商品「獺祭 等外」、ワタミグループ店舗で限定先行発売を開始。

更新日:

ワタミ株式会社の100%子会社で、国内外食事業を展開するワタミフードシステムズ株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役:清水 邦晃)は、主力業態であるJAPANESE DINING「和民」、語らい処「坐・和民」、炭火やきとりと手づくり料理「わたみん家」において、旭酒造株式会社(本社:山口県岩国市、代表取締役社長:桜井 博志)が製造販売する人気日本酒「獺祭」ブランドの新商品「獺祭 等外」の限定先行発売を4月7日(火)から開始することを発表した。

d9215-62-243690-0

【「獺祭 等外」開発の経緯と名前に込められた思い】
日本酒「獺祭」の製造元である旭酒造株式会社は、酒米の帝王と言われる「山田錦」のみを原料としている。しかし酒米の生産量は年々減少傾向にあり、旭酒造では山田錦の産地である兵庫県を中心に増産を全国に呼び掛けているが、希望する生産量を確保することが課題となっている。

山田錦を栽培する上で5~10%発生するといわれる等級の付かない「等外米」が農家にとってリスクとなり、生産が伸びないことが理由の一つとしてあげられる。
「獺祭」など純米大吟醸の日本酒は等級米を使用することが前提となるため、今まで同社をはじめとする多くの酒造メーカーは「等外米」を購入することなく、農家は仕方なく「屑米」として処分するしかなかった。

そこで同社では、農家だけにリスクを負わせず、出来た米はすべて美味しい酒に仕上げて消費者に飲んでもらいたいという思いのもと、「等外米」を使った普通酒表示の新しい日本酒を造る事を決定。
通常、等外米は粒が不揃いで、一般的に日本酒を製造する原料としないが、それを克服するため50%を超えて35%まで精米することで、純米大吟醸である「獺祭」と遜色ない品質までに高めることを可能とした。

新しい日本酒は「獺祭 等外」と命名。同社は「等外米」であっても技術を持って全ての米を美味しいお酒にするという思いを農家と共にすることで、不足する山田錦の生産量に少しでも歯止めをかけていきたいとしている。

なお、同社の桜井社長は、「獺祭 等外」のお勧めマリアージュとして「和民」「坐・和民」では国産鶏の串焼盛合せ(690円 税別)、トマトカプレーゼ(390円 税別)を推奨している。

【発売開始時期】
「和 民」、「坐・和民」、「わたみん家」全店で4月7日(火)より発売開始。
【対象店舗】
「和民」、「坐・和民」、「わたみん家」487店舗全店(3月末時点)で販売。
【商品概要】
「和民」、「坐・和民」:「獺祭 等外」890円(税別)/グラス1杯
「わたみん家」:「獺祭 等外」899円(税別)/グラス1杯
※数量限定のため、「獺祭 純米大吟醸50」に代わる場合あり。

Copyright ©Watami Food Systems Co.,Ltd.
Copyright(c)2013.ASAHISHUZO co.,ltd.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.