ウルトラマン怪獣がテーマのエンタテインメント居酒屋「元祖怪獣酒場」大阪・なんばに4/25オープン。

更新日:

フィールズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大屋高志)は、グループ傘下の株式会社円谷プロダクション(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大岡新一」)監修のもと、「ウルトラマンシリーズ」に登場する“怪獣”をテーマにした飲食店『元祖怪獣酒場』(大阪市・難波)を4月25日(土)にオープンすることを発表した。

d13518-1-812111-1

【『元祖怪獣酒場』 店舗概要】
■グランドオープン日時:2015年4月25日(土)11:00
■所在地:〒542-0075 大阪府大阪市中央区難波千日前11-6 なんばグランド花月1F
■電話番号:06-6647-3510 ※4/20(月)13時以降受付開始
■URL:http://ganso-kaiju-sakaba.com/
■営業時間:11:00~23:00 ※年中無休

d13518-1-528874-0

【『元祖怪獣酒場』のコンセプト】
地球人に話題の居酒屋『怪獣酒場(現:帰ってきた怪獣酒場)』(川崎市)の店長・バルタン星人(以下、バルタン店長)により、新たな拠点探しを命ぜられた「カネゴン」。しかしバルタン店長にかけられたテレポーテーションの力が強すぎたため、飛んできた先はなんとパラレルワールド(異世界)の「オオサカ」だった。そこは、元の世界とは異なり、人間と怪獣が共存している世界であった。

しかし、カネゴンがその地で目にしたのは、度重なる戦いなどで疲れ果てた宇宙人や怪獣の姿。
カネゴンはここ「オオサカ」で、「宇宙人・怪獣の仲間たちに、輝いていた“あの頃”のようにイキイキと仕事をしてもらおう!宇宙人・怪獣も人間も元気になれるようなお店を作ろう。ついでに・・・ひと儲けしちゃおう!!!(原文まま)」と一念発起して始めることになったのが同店である。

日常とは違った独特の非日常世界の中、怪獣たちが“怪獣味”あふれるサービスで、全力でもてなしてくれる。

【『元祖怪獣酒場』“なんば”という立地について】
関西一の歓楽街である大阪ミナミ。その中心地である“なんば”には老若男女、国内外から観光客が集う。
また、大阪といえば商いの街としても有名。「カネゴン」が商いをはじめるにあたってもまた“うってつけ”の場所でもある。

今回出店するのは、なかでもエンタテインメントの発信の場として歴史のある、「なんばグランド花月」。

【『帰ってきた怪獣酒場』(川崎市)と『元祖怪獣酒場』(大阪市)の関係性】
バルタン店長が運営する『帰ってきた怪獣酒場』(川崎市)のある世界とは別のパラレルワールド(異世界)で「カネゴン」がオープンするので、コンセプトや運営会社は異なる。

【カネゴン店長のイチオシメニュー】
同店のメニューは、インパクトのある見た目が特徴。
このような宇宙人・怪獣をモチーフにしたメニューはもちろんのこと、地球人になじみのある食事も多数提供する。

■大阪名物!ゴモラのしっぽカツ:¥1,780(税抜)
ゴモラのしっぽをイメージした200gの特大ヒレカツ。
d13518-1-812111-1

【故郷へのお土産には】
「カネゴン商店」では、どれも目を引く土産物も取り扱う。

■1億円ウエハース(抹茶味):¥1,500(税抜)
縦17×横45cmの巨大なウエハース。
d13518-1-591315-2

【予約について】
4月20日(月)13時から受付開始。詳細はホームページにて発表。

© 円谷プロ
(C) FIELDS CORPORATION

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.