ポッカ、記憶に残る味わいを金沢工業大学と共同研究。「Ribbonシトロン」100周年記念リニューアル。

更新日:

ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社は、「Ribbonシトロン」をリニューアルし、2015年4月27日(月)より全国にて新発売することを発表した。
POKKA

【記憶に残る味わいを目指してリニューアル】
1909年の誕生以来ロングセラーとなっている同ブランドは、炭酸の刺激と清涼感のあるクリアな味わいが特長。

2014年の「Ribbon」ブランド100周年を機に、炭酸感とすっきり感を強化し、パッケージを1970年代に展開していた緑色のガラス瓶をモチーフにしたスタイリッシュなデザインに変更することで、「子どもっぽいイメージ」や「古いイメージ」を取り除きながら、30代後半以上の人には懐かしく、子供の世代には新しいと感じられる、家族みんなで楽しめる商品へと生まれ変わった。

しかし、同社の調べにより、100年以上の歴史ゆえに「甘いイメージ」を持っている消費者が多く、現在のパッケージの印象と中身にギャップが生じていることが明らかとなった。
そこで同社では、課題である「甘いイメージ」を払拭し、消費者が「また飲みたい」と感じるような記憶に残る味わいを目指して今回のリニューアルを行ったとしている。

【初摘みレモンの香りで爽快感アップ】
今回のリニューアルにあたっては、金沢工業大学感動デザイン工学研究所(所長 神宮英夫)、サッポロビール社、同社の3者で「記憶に残る透明サイダー」をテーマに味覚研究を行った。

研究の中で行われた様々な実験から「酸味」がキーである可能性が示されたことから、今回、従来の「強炭酸」「純水使用」「保存料不使用」といった商品設計はそのままに酸味を調整し、新たに収穫初期のレモンの香りを再現した"初摘みのレモンの香り"を加えて、商品の「酸味」と「爽快感」を強化した。
これにより「甘さ」の感じ方が抑えられ、これまで以上にすっきりとした、清々しい味わいとなった。

パッケージは評価の高い現行のパッケージを踏襲しながら、新たに加えた“初摘みレモンの香り”をわかりやすくアイコンで伝え、氷を入れたサイダーの弾ける印象を強化した。

【商品概要】
■商品名:Ribbonシトロン450ml PET
■1ケース入り数:24本入り
■希望小売価格:140円(税別)
■エネルギー:38kcal/100mlあたり
■発売日:2015年4月27日(月)
■発売地区:全国

[商品特長]
1909年に誕生して以来、その炭酸による刺激と清涼感のあるクリアな味わいが支持を集めているロングセラーブランド。無果汁。

※すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.