大牛肉博実行委員会、ブランド和牛生産団体が一堂に会する「大牛肉博」を新宿にて初開催。松阪牛や神戸ビーフなどの牛丼と焼肉丼を食べ比べる2週間。

更新日:

大牛肉博実行委員会は神戸ビーフや松阪牛といった世界から注目を集めるブランド和牛の生産団体が一堂に会し、その美味しさをアピールする「大牛肉博」を初開催することを発表した。

神戸ビーフ牛丼

ブランド和牛は高価な為、気軽に食べる事が出来ない。しかし、その常識を打ち破るべく各生産団体が集結し「本当に美味しい牛丼と焼肉丼」を週替りで参加者に提供する。産地偽装等が問題になりニュース等になる昨今だが、大牛肉博はブランド和牛の生産団体が出店するので安心。様々な肉に関するイベントが開催される中、その決定版となるイベントと実行委員会は自負しているとのこと。

<開催概要>
イベント開催期間:2014年10月2日(木)~10月13日(月・祝)
会場:新宿中央公園 水の広場
イベント開催時間:午前11時~午後10時(ラストオーダー夜9時)
商品:10月2日~ 7日 牛丼
10月8日~13日 焼肉丼
価格:1杯 1,000円
協力:「近江牛」生産・流通推進協議会、
鹿児島黒牛黒豚銘柄販売促進協議会
(JA鹿児島県経済連・株式会社JA食肉かごしま)、
神戸肉流通推進協議会、仙台牛銘柄推進協議会、
松阪牛連絡協議会
後援:公益社団法人 全国食肉学校
ホームページ:http://wa-gyu.info
公式Twitter:@daigyunikuhaku
公式Facebook:https://www.facebook.com/daigyunikuhaku

<出場ブランド>
(1) 近江牛  :「近江牛」生産・流通推進協議会
[ブース運営]徳志満

(2) 鹿児島黒牛:鹿児島黒牛黒豚銘柄販売促進協議会(JA鹿児島県経済連・株式会社JA食肉かごしま)
[ブース運営]千里屋

(3) 神戸ビーフ:神戸肉流通推進協議会
[ブース運営]肉匠神戸

(4) 仙台牛:仙台牛銘柄推進協議会
[ブース運営]SASAYA

(5) 松阪牛:松阪牛連絡協議会
[ブース運営]名産松阪肉 朝日屋

<見どころ>
■お店ではなく生産団体が出店するので安心
お店単位での出店によるお肉イベントは多々あるが生産団体が軸になって出店するイベントは初めて。各ブランドが威信をかけて「自らの和牛」をアピールする。庶民の味「牛丼」を個体識別番号により出所のハッキリしたブランド和牛で牛丼を作る。

■様々なトッピングで楽しめる
「牛丼や焼肉丼だけじゃつまらない!」当然聞こえて来るだろうそんな声に応えて、各ブランド和牛ブースでは様々なトッピングメニューを用意。ステーキやメンチ牛スジなど、満腹感だけではない喜びが脳を刺激する。

■お酒が飲めるバルも併設
和牛にこだわったメニューを出すバルも設置。新宿中央公園の緑に囲まれながら一杯飲める。最高のロケーションで最高の和牛が堪能できる。

■新宿中央公園で初開催
東京都庁の目の前という好立地である新宿中央公園水の広場でイベントを初開催。駅からのアクセスも良く買い物の合間など気軽に立ち寄れる。

■レベルの違いを確認できる
グルメイベントが乱立する昨今、ここまでレベルの高いメニューを提供出来るイベントは無いと実行委員会は自負しているとのこと。一堂に会する事が少ないブランド和牛が集まった奇跡のイベントとなっている。

Copyright 2014(C) 大牛肉博実行委員会 All Rights Reserved.
※すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.