【これぞ飯テロ】鶏の旨味とハーブの香りがたまらない…食欲そそりすぎ「ハーブチキン」のご馳走レシピ!

投稿日:2022/11/02 12:12 更新日:

旨味たっぷりの鶏肉は、多くの家庭で頻繁に食卓に上がる定番食材。さまざまな調理法があるなかで、いま特におすすめしたいのがシンプルな調味料とハーブだけで作るご馳走レシピです。

ハーブチキン

今回紹介するのは、YouTubeチャンネル「肉屋が教える肉料理」で公開された「ハーブチキン」のレシピ。ハーブの豊かな香りが食欲をそそる絶品レシピです。

普通のフライパンで調理することもできますが、スキレットで料理をすると盛り付けのお皿要らずで洗い物が減るのも嬉しいポイント。見た目もお店のようになるのでオススメですよ。

ご飯との相性はもちろん、おつまみにもぴったりな一品をぜひご賞味ください。

■これ以上ない「ハーブチキン」のレシピがここに……!

話題になった動画はこちら。

まずは材料です。

とりもも ………………… 1枚(250g〜300g)
オリーブオイル ………… 大さじ1(焼用)
塩 ………………………… 小さじ1/2
じゃがいも ……………… 1個
★バジル ………………… 6g
★イタリアンパセリ …… 5g
★にんにく ……………… 1片
ローズマリー …………… 1本3g(お好みで)
オリーブオイル ………… 小さじ2

ブラックペッパー ……… お好みで
バルサミコ酢 …………… お好みで

■冷えたフライパンから焼くのがポイント

次に作り方です。

1. とりももの下処理をする

とりももは常温に戻し、スジや余分な皮をカットします。カットしたら、両面に塩を振ります。

「肉屋が教える肉料理」のチャンネルによると「厚みが均等になるようにするとなお良し」「厚い部分に包丁を入れて開くようにすると火も入りやすい」とのことなので、厚みが均等になるよう下処理してください。

じゃがいもは適当な厚さにスライスしておきます。

2. ハーブの下準備をする

★をみじん切りにしてボウルに入れ、オリーブオイルを入れて混ぜ合わせます。

ローズマリーを入れる場合、一緒にみじん切りにしても良いですが「添えるだけでもOK」とのことです。

3. 肉を焼く

熱々のフライパンに鶏肉を入れてしまうと一気に身が縮んでしまうため、火をかける前のフライパンにオリーブオイルを敷き、とりももの皮目を下にして入れます。

くっつかないように油を絡ませたら火をつけ、弱めの中火で4分焼きます。途中肉が反り返るので、トングで押さえてください。

4. じゃがいもを加えて焼く

空いたスペースにじゃがいもを入れて焼きます。ローズマリーを添える場合は、ここで一緒に入れてください。

肉が綺麗に焼けたらひっくり返し、弱火で5分〜6分焼きます。途中、余分な油をキッチンペーパーで拭き取ります。

5. ハーブを入れる

ある程度火が通ってきたら、空いたスペースに2のハーブを入れます。「すみっこの油のなかでゆっくりと加熱してあげよう」とのことです。

にんにくとハーブの香りが立ってきたら、スプーンなどを使ってとりももに絡ませながら焼いたら完成です。

お好みでバルサミコ酢をかけてお召し上がりください。

■飯テロ動画にヨダレが止まらない!

このレシピについて、ネット上では「飯テロすぎる」「美味しいソースは沢山あるけれど最後はシンプルかもしれませんね」「タレにパンをつけても美味しそう」「コーラぐびぐび飲みながら味わいたい」などの声が。まさに“飯テロ”でご飯やパン、お酒との相性も抜群なので、早速試してみたいと感じた人が多かったようです。

見ているだけでヨダレが垂れるほど美味しそうな「ハーブチキン」。ハープを使った料理といえば少しハードルが高いように感じるかもしれませんが、今回のレシピなら手軽に、自宅で美味しい一品が出来上がりそうですね。

濃厚な鶏の旨味と香り豊かなハーブのコンビネーションを、ぜひお試しください。

■レシピ、画像提供:YouTubeチャンネル「肉屋が教える肉料理」

レシピ提供をしてくれたのはYouTubeで肉料理特化型チャンネルを運営している「肉屋が教える肉料理」。チャンネル登録者数は 11.1万人を超え、見ているだけで食欲がそそられるような動画を発信。

動画を更新しているのは肉屋の4代目なのだそう。「お肉は料理に合わせて最適な部位があります」をモットーに掲げ「牛、豚、鶏、赤身や脂身、焼く、蒸す、煮込む、それぞれで最高の良さを引き出す」レシピを公開しています。

YouTubeチャンネル:肉屋が教える肉料理
肉屋が教える肉料理

\ この記事をシェアする /

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2022 All Rights Reserved.