群馬でしか味わえない幻の逸品“山の清流で育つサーモン”。群馬が生んだ最高級ニジマス「ギンヒカリ」、3年かけ成熟させた良好な身のしまった肉質は刺身に最適。

更新日:

季節のお薦めグルメと言えば、なし、りんご、ぶどうなど、多くの特産品が挙げられるが、季節を問わない群馬ならではの特産品は“山の清流で育つサーモン”、最高級ニジマスの「ギンヒカリ」である。

利根川上流の清らかで豊富な水資源に恵まれた群馬県ならではの特産品“山の清流で育つサーモン”「ギンヒカリ」は、3年かけ成熟させた良好な身のしまった肉質は刺身などの料理として好評を得ている。平成26年現在、生産量が初めて30トンを超え年々需要が高まっている。
2,000m級の山々や豊かな自然に囲まれ、利根川上流の清らかで豊富な水資源に恵まれた群馬県には、温泉や紅葉そしてグルメを求め多くの観光客が訪れる。

海がないのに、おいしい魚
海のない県は全国で8県だけ。その一つである群馬では、利根川の清らかな水系により、ヤマメ、イワナ、マス、コイ等の養殖も盛んに行われている。中でも、群馬ならではの一押しが、最高級ニジマスの「ギンヒカリ」。
通常2年で成熟するニジマスの中から、3年で成熟する系統を群馬県水産試験場で選抜育種・固定化している。群馬県養鱒漁業協同組合の内部規定により、3年成熟系ニジマスのうち、魚体重1kg以上の魚のみが「ギンヒカリ」という商標を利用できると定めている。
平成13年頃から民間養魚場での生産開始以降生産量は年々増加しており、平成26年現在、初めて30トンを超えた。年々需要が高まり、さらなる生産量の増加が期待されるところである。「ギンヒカリ」は、体色が銀白色を帯びて美しく、大型になっても良好な身のしまった肉質が自慢、刺身等の生食用素材として好評を得ている。

「ギンヒカリ」の特徴(おいしいだけじゃない、ギンヒカリの凄さ)
ギンヒカリの肉質を通常のニジマスと比べると、一般栄養成分については脂質の割合が少なく、脂肪酸組成については、生活習慣病の予防に有効であるとされるω-3系のPUFA(高度不飽和脂肪酸)のEPA(エイコサペンタエン酸)の含有率が高いという特徴がある。このため、味がよいだけでなく低脂肪の健康食品であるといる。また、脂肪酸のうち、血中の中性脂肪を減少させ、心臓病の危険を低減させる効果のあるドコサヘキサエン酸(DHA)の割合が多く、生活習慣病の予防に有効な脂肪酸が多く含まれている。

群馬県HP:http://www.pref.gunma.jp/06/f2210001.html

All Rights Reserved, Copyright © Gunma prefecture.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.