サッポロビール、冷やすと鯛の色が変わり飲み頃を教えてくれる「ヱビス めでたい缶」を発売。

更新日:

サッポロホールディングス(株)のグループ企業であるサッポロビール(株)は、10℃以下に冷やすとパッケージにデザインされた鯛が白色から桃色に変化する「ヱビス めでたい缶」を12月22日から全国で発売することを発表した。

s_main

販売される「めでたい缶」は、縁起が良いとされる桜鯛をパッケージに大きく描くことで、年末年始にふさわしい、めでたさや縁起の良さを感じて頂ける商品となっている。
また、鯛の色の変化が飲みごろの合図となるため、よりおいしくビールを楽しむことができる。(注1)

(注1)同社は、ビールを飲む際の適温は、4~8℃(冷蔵庫で5~6時間)を目安として、夏はやや低め、冬はやや高めを推奨している

1.商品名     ヱビス めでたい缶
2.パッケージ   350ml缶
3.品目      ビール
4.発売日・地域  2015年12月22日・全国
5.原材料     麦芽・ホップ
6.アルコール分  5%
7.価格      オープン価格
8.販売計画    3万ケース(350ml缶×24本換算)

s_sub2
冷却前

s_sub1
冷却後

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.