ラーメン凪、総工費5,000万円の全自動配膳システムを導入した新店舗を大宮にオープン。

更新日:

国内外の22店舗で独自ブランドのラーメンを広げる、株式会社 凪スピリッツ(本社:東京都新宿区、代表取締役:生田智志)は、自動配膳と新しいオーダーシステムを取り入れた「ラーメン凪大宮店」を開店することを発表した。

czMjYXJ0aWNsZSM0MTk1MiMxNTM4MjQjNDE5NTJfTlNrcUxJd2dIQS5qcGc

新しい店内では、総工費5,000万円をかけた全自動のハイテク配膳システムを導入。回転寿司で使われているようなレーンに乗ったラーメンが、微妙なスピードコントロールにより、スープを溢れさせることなく、厨房から最速で運ばれてくる。

また、QRコードが印字された食券をテーブル前のタブレット端末にかざすと「麺の固さ」「油の量」など、こだわりの注文が可能。
さらに同端末では秘伝「辛銀だれ」やスープの特徴などを動画で紹介しており、初めての来店でも満足できる一杯を味わうことができる。

czMjYXJ0aWNsZSM0MTk1MiMxNTM4MjQjNDE5NTJfa2JYZlRMV2trdS5qcGc

【煮干を存分に味わえる個別のブース】
ゼロから店内を作り直して楽しさを追求したという同店では、注文完了時にはトッピングが当たるゲームに参加できるなど、エンタメ性にもこだわっている。
また、同店最大の特徴である煮干スープを堪能してもらいたいとして、来店客一人ひとりに雲のパーティションで区切ったブースを用意。店内外に広がる濃厚な煮干の香りと、専用ブースの中で味わう一杯は「煮干を体験」できる稀有な機会となる。

【ターゲットの絞り込みが勝因に】
同社では、煮干の旨味を追求するため、研究や仕入れ先の開拓を続けてきた。この夏には「煮干王国納涼祭」を開催し、ラーメンファンだけでなくコアな「煮干ファン」にも好評を博した。

毎日のスープ作りの中では、日々変わる気候や煮干の品質の変化に応じて、味のクオリティを一定にするため「煮干カルテ」を作成し、職人が吟味している。

今回導入される注文と配膳の新システムは、自動化を進めることにより店舗スタッフがより利用客へのおもてなしに注力できる環境を実現すべく開発を行ったという。

【ラーメン凪大宮店 開店スケジュール】
<プレオープンイベント>
■日時:12月19日(土)・20日(日) 11:00~19:00
■場所:JR大宮駅構内 中央広場
■内容:「空飛ぶラーメンキャッチ」ゲーム
スタッフが投げた玩具の麺を上手く受け止めることができると、ラーメン無料券をプレゼント。失敗しても割引券を配布。

<グランドオープン>
日時:12月23日(祝・水) 11:00オープン。
同日より24時間営業開始。

czMjYXJ0aWNsZSM0MTk1MiMxNTM4MjQjNDE5NTJfS3ROeG1FZ3lPZi5qcGc

2015 © Nagi Spirits Company

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.