吉野屋、オニオンソースでよりヘルシーに機能性も向上した新「ベジ丼」を3/3より発売。

更新日:

株式会社吉野家(本社:東京都中央区)は、3月3日(木)10時より全国の「吉野家」店舗にて、新『ベジ丼』(ベジ丼、ベジ牛、ベジカレーの3種)を販売することを発表した。

d12804-23-909299-1

同メニューは吉野家従来の「うまい、やすい、はやい」のモットーに“健康”を加えた付加価値商品として昨年5月から発売し、好評を博している。
今回はこれまでの「うま塩ダレ」から「玉ねぎ」に含まれる「ケルセチン」を加えた「オニオンソース」に変更し、まろやかな味わいが楽しめる。

ケルセチンには「動脈硬化予防」「血圧降下」などの作用があり、さらなる低カロリー化と健康機能性が向上。さらに一日に必要とされる半分の野菜の量はそのままに、価格もよりリーズナブルとなった。

【商品概要】
<ベジ丼>
・価格:480円
・カロリー:399kcal

<ベジ牛>
・価格:590円
・カロリー:582kcal

<ベジカレー>
・価格:590円
・カロリー:601kcal

※玉ねぎ1個=約150gで計算。
※野菜は季節により変わる場合あり。
※一部販売を行わない店舗あり。

Copyright© YOSHINOYA CO.,LTD.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.