激辛を超える劇辛「伝説のすた丼屋」×「闇金ウシジマくん」、2年ぶり更に辛くなって復活。

更新日:

丼チェーン「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」を運営する株式会社アントワークス(所在地:東京都中野区、代表取締役:早川 秀人)は、2016年9月1日(木)~30日(金)までの1ヶ月間限定で、映画『闇金ウシジマくん Part3』(2016年9月22日公開予定)とのコラボレーションメニュー<闇辛ウシジマ丼シリーズ~劇辛牛カルビ丼~>(税込980円)を販売することを発表した。

img_110338_2

【「伝説のすた丼屋」×「闇金ウシジマくん」2年振り、コラボ再び】
同店は、2014年4月に映画『闇金ウシジマくん Part2』(2014年5月公開)と初めてコラボレーションを実施し、作中で罰ゲームに使用されていたハバネロを使用した激辛コラボメニュー<闇辛ウシジマ丼シリーズ~牛カルビのハバネロ焼肉丼~>を販売した。

映画3作目もコラボが決定し、前回よりらにパワーアップさせた同商品を開発。今回は、京都産ハバネロを使用した『京はばねろソース』の小瓶を丼ぶりと一緒に提供し、“自己責任”で辛さをプラスして楽しむことができる。

ネーミングには“激”ではなく、あえて“劇”という漢字を使用することで、“激辛”を超える辛さのメニューであることを表しているという。

【メニュー概要】
■商品名:闇辛ウシジマ丼シリーズ ~劇辛牛カルビ丼~
■価格:980円(税込)
■販売期間:9月1日(木)~30日(金) 予定
■販売店舗:下記店舗を除く全国の「伝説のすた丼屋」および「名物すた丼の店」各店舗

※下記店舗では販売なし
中野新橋店・み~さんの店・談合坂SA(下り線)店・ヨドバシ梅田店
img_110338_1

【『京はばねろソース』について】
京都府産ハバネロを本品1本あたり約1.2個と贅沢に使用し、果物と香辛料を煮込んだチャツネを加えた辛味調味料。にんじんピューレやマイルドな酸味のリンゴ酢など野菜と果物の風味もブレンドされており、辛味とともに旨みも凝縮されている。つける、かける、他の調味料に混ぜるなど幅広い用途で使用することができる。
世界で最も有名な激辛唐辛子ハバネロを使用したソースの辛さはタバスコの20倍、ハラペーニョの160倍の辛さに相当する。
img_110338_3

【「伝説のすた丼屋」について】
1971年創業のとあるラーメン屋の店主が「旨いものを腹いっぱい食べて頑張って欲しい」という想いで、試行錯誤の末に生み出したという元祖スタミナ丼「すた丼」が楽しめる。“秘伝のニンニク醤油ダレ”で炒めた柔らかでジューシーな豚バラ肉を、並盛で茶碗約3杯分もの大盛りご飯にのせた、スタミナとボリュームが好評を博している。

<すた丼 並/630円(税込)>
img_110338_5

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.