1日5斤限定、希少トリュフを使用した“贅沢すぎる”トーストが期間限定で登場。

更新日:

ホテルニューオータニ大阪では、1日5斤限定で、春のトリュフを使用した『春のトリュフトースト』を2017年4月30日までパン&ケーキ「パティスリーSATSUKI」(1階)にて販売する。

『春のトリュフトースト』は、香りや風味はもちろん、食感にとにかくこだわり、通常の食パンを作る際、使用する卵や牛乳、バターなどは一切使用せず、強力粉・イースト・水・細かく刻んだ春トリュフ、そして、最高の味へと引き立てるトリュフバター・ピュアオリーブオイル・ショートニングのみで焼き上げる。パン生地のつなぎ目となる卵や牛乳を使用していない分、生地のパサつきや乾燥の原因となる為、生地を練る作業を通常よりも念入りに行い、その生地を焼き上げえる際には、溶岩釜を使用し、遠赤外線でパンに熱を通すことで、しっとり、ふっくらと焼き上げ、さらに、最後の仕上げでトリュフオイルを塗って、もっちり感を表現した。
半熟の目玉焼きやスクランブルエッグなどの卵料理とも相性バツグンとなっている。
味の決め手となるトリュフには“春のトリュフ = ビアンケットトリュフ”を使用。本場イタリアでは、伝統的なトリュフとして大人気で、出荷時期が3月中旬~4月と限られている為、日本国内ではなかなか手にすることができない希少価値の高いトリュフ。最もおいしいこの時期に合わせて、香り、風味といった魅力を最大限に引き出し、“贅沢すぎる”トーストを開発した。

この贅沢なトーストを開発したのは同ホテルの総料理長である西口章二氏。イタリア初のミシュラン3つ星を獲得した「マルケージ」や、フランスの星付きの名店での修業を経て、名門「トゥールダルジャン」でスーシェフを務めるなど、豊かな経験を持ち、フレンチのシェフならではの独自のテイストを加えた『春のトリュフトースト』が誕生した。

■ 販売概要
ホテルニューオータニ大阪 「パティスリーSATSUKI」
『春のトリュフトースト』
【期間】 2017年4月30日(日)まで
【時間】 10:00~20:00
【料金】 ¥1,200(※税別)
【場所】 パティスリーSATSUKI(ホテルニューオータニ大阪 1F)
http://www.newotani.co.jp/osaka/restaurant/p_satsuki/index.html?Psubid=358

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.