羊羹の概念を覆した「飲む羊羹」に“最中の皮”がセットになった「飲む羊羹 ICHIZU 時々最中セット」登場。

投稿日:2017/06/20 12:06 更新日:

株式会社清月が運営する昭和10年(1935年)創業の老舗菓子店「清月(せいげつ)」は、地元である北海道北見市の「小豆」にこだわったブランド「きたみあずき屋」の新商品『飲む羊羹 ICHIZU』を2017年4月1日(土)に発売し、日本初のスイーツということもあり、全国的に話題となっている。そしてこの度飲む羊羹と合わせて食べたい“最中の皮”との詰合せ「飲む羊羹 ICHIZU 時々最中」を用意。飲む羊羹 ICHIZUのドロッとした口当たりと、最中の皮のサクッとした絶妙な食感を合わせて楽しめるようになっている。

『飲む羊羹 ICHIZU』は、従来の“食べる羊羹”とは一線を画した“飲む羊羹”という新しい羊羹。同社は1935年の創業以来、薄荷(はっか)羊羹を作り続けており、創業80周年を迎えた2015年6月には地元オホーツク北見産の小豆にこだわった新ブランド、「きたみあずき屋」を立ち上げた。そしてこの度80年以上にわたる羊羹製造の技術と新発想で、今までにない全く新しい羊羹を開発した。この道40年以上のキャリアを持つ熟練職人が時間と手間をかけて練り上げた新発想の羊羹。まさに「一豆を一途」に、北見産の小豆の中でも選び抜かれた豆を使用している。

■『飲む羊羹 ICHIZU 時々最中』の特長
・全く新しい羊羹のカタチ
 今までの羊羹の概念を覆す、飲むタイプの新しい羊羹。
・高級感がある見た目でギフトにも最適
 ワインボトルに入った『飲む羊羹 ICHIZU』は見た目もおしゃれで高級感があり、ギフトでのご利用に最適。
・小豆を通常の羊羹の約2倍使用
 小豆には食物繊維や抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれている。『飲む羊羹 ICHIZU』は通常の羊羹と比べ約2倍の小豆を使用しており、とても濃厚で、小豆の風味も味わえるようになっている。また舌触りの良さも自慢。
・今までの最中の価値観が変わる
 『飲む羊羹 ICHIZU』と最中の皮の相性は抜群に良いため、一緒に食べたい組み合わせ。日本人が昔から愛する最中の皮に『飲む羊羹 ICHIZU』をかけて食べるころより今までの最中との違いを味わえるようになっている。
・最中の皮は、見た目も楽しい4種類の形
 セットには「星(星に願いを・・)」「年輪(長寿)」「鈴(神具、縁起物)」「八角(末広がり、縁起の良い数)」の4種類の形の最中の皮が12組(24枚)入っている。様々な形を楽しめるようになっている。

■商品概要
商品名  : 飲む羊羹 ICHIZU 時々最中セット
発売日  : 2017年6月20日
価格   : 4,752円(税込)
セット内容: 飲む羊羹 ICHIZU 600g入1本
       時々最中 6組(12枚)×2箱、計24枚
販売ルート: 北見市内の清月直営店、ネットショップ
URL    : http://seigetsu.shop-pro.jp/

新着記事に戻る

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2021 All Rights Reserved.