資生堂パーラー“パフェフェア”第2弾スタート。沖縄のマンゴーなど国産フルーツがたっぷり。

更新日:

資生堂パーラーは、2017年8月1日(火)から8月31日(木)までの期間、銀座本店サロン・ド・カフェにて『2017真夏のパフェフェア』第2弾を開催する。

“最後まで美味しく味わっていただきたい”という想いを込め、パフェグラスの下層までフルーツゼリーや果物のコンポートなどを盛り込んだパフェは、アイスクリームやソルベもメインのフルーツを使った自家製。オレンジや赤など元気いっぱいの夏色を身にまとった、今ここでしか味わえないパフェで真夏の銀座を満喫することができる。
第2弾は産地や旬にこだわったフルーツをメインにしたパフェを4種を用意。8月ならではのいちじくのパフェはフレッシュそのものを楽しめるよう工夫を重ねた。また、人気のストロベリーパフェは第1弾に続き、夏・秋に美味しい貴重な品種「夏秋いちご“恋姫”」が登場する。

「沖縄県産 マンゴーのパフェ」 2,580円(税込)


太陽の恵みをいっぱいに浴びて育った沖縄県産のマンゴーを贅沢に使い、カットの仕方を変えることで食感も楽しめるよう盛り付けた一品。トロピカルな自家製マンゴーシャーベットとエキゾチックソース、ミルクアイスクリーム、クランベリーソースで真夏を感じることができるようになっている。濃厚なコクを感じる一番美味しい旬のものでの用意しているため、期間によりアップルマンゴー、キーツマンゴーで登場する。

「和歌山県 紀の川市産 いちじくのパフェ」 2,160円(税込)


旬のいちじくをフレッシュ、赤ワインのコンポート、ロゼワインのコンポートなど様々なタイプで味わえるパフェ。なかでもフレッシュを贅沢に使い、いちじくそのものを楽しめるよう工夫した。いちじくのシャーベット、フランボワーズ、赤スグリとともに盛り付けた見た目も情熱的なパフェとなっている。

「国産 黄金桃と白桃のオリエンタルパフェ」 1,890円(税込)


ジューシーな国産の黄金桃と白桃のコンポートに抹茶アイスクリームを合わせたオリエンタルな仕上がりのパフェ。桃はその時に一番旬な産地のものを使用。いちごソースがアクセントになっている一品。昭和35年頃に誕生した資生堂パーラーオリジナルパフェでレトロ感も楽しめるようになっている。

「長野県 信州畑工房産 恋姫のストロベリーパフェ」 1,890円(税込)


信州畑工房が所有する資生堂パーラー専用のハウスで採れた「夏秋いちご“恋姫”」を使った逸品。この地域独特の気候だからこその夏から秋でも美味しい苺は酸味が少なくまろやかな味わい。関東では珍しい希少な品種を使いパフェに仕立てた。

『2017真夏のパフェフェア』概要

期間:2017年8月1日(火)~8月31日(木)
店舗:資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ
   東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3階 
   火~土曜日 11:30~21:00(L.O.20:30)
   日曜日・祝日 11:30~20:00(L.O.19:30)
   ※定休日は月曜日(祝日の場合は営業)
   ※8月14日(月)は臨時営業

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.