中国ラーメン揚州商人より、人気メニュー『冬かきラーメン』が復活。12月1日より販売開始。

更新日:

株式会社ホイッスル三好(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:三好 比呂己)が首都圏で32店舗展開する「中国ラーメン揚州商人」は、2014年12月1日(月)より、昨年12,000食を突破した人気メニュー『冬かきラーメン』、ぐつぐつ煮込んだ『海鮮煮込みラーメン』『趙家煮込みラーメン』を、2015年2月28日(土)まで、全店で販売することを発表した。

http://www.facebook.com/yousyusyonin

磯の香りがマッチした人気の『冬かきラーメン』は、今年はかきを1粒増やして6粒で提供。同時に、海鮮たっぷり体の芯から温まる『海鮮煮込みラーメン』、野菜たっぷりのあたたかい家庭の味『趙家煮込みラーメン』も期間限定で販売する。

■『冬かきラーメン』980円(税込)

透き通ったスープは磯の香り。その中にはプリプリとした食感のかきの旨味が加わり、わかめ、のりが主役のかきを引き立てる。冬しか味わえない、かき好きにはたまらない一杯だ。麺は極太麺の『刀切麺』、細麺の『柳麺』の2種類から選択可。

■『海鮮煮込みラーメン』1,110円(税込) かきトッピング(3個)210円(税込)

丼から溢れんばかりのエビ・イカ・貝柱等の海鮮類。魚介の風味と野菜の甘さがたっぷり染み込んだ、熱々のとろみスープ。まさに「海の幸」を詰め込んだような絶品海鮮ラーメンを、煮込むことで更に深く、美味しく仕上げている。「かきトッピング(3個)」をすると、「かき」の旨味が海鮮スープに染み込み、まったく新しい同商品を楽しめる。

■『趙家煮込みラーメン』910円(税込)

野菜たっぷりの旨味、干し海老の香ばしさ。そのスープを麺と煮込んでおり、旨味が麺を通して口いっぱいに広がる、寒い冬に食べたくなる、懐かしい家庭の煮込みラーメンだ。

【中国ラーメン揚州商人について】
1988年2月創業。中国の様々な麺を主とし、一部料理を含めたラーメン専門店。現在は東京、神奈川、千葉、埼玉の首都圏で32店舗を展開。

Copyright (c) 2013 Whistle-Miyoshi CO.,LTD.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.