吉野家、牛丼を80円値上げ。米国の干ばつ影響による牛肉価格高騰。12月17日15時より一斉開始。

更新日:

牛丼チェーン「吉野家」を展開する株式会社吉野家(本社:東京都北区代表取締役社長:河村泰貴、以下吉野家)は、12月17日(水)15時より牛肉関連商品を対象に価格改定を実施することを発表した。

yoshinoya

■牛丼並盛は、300円から380円に変更
吉野家の主要商品である牛丼の主原料である、牛肉(ショートプレート)は、主要輸入国である米国での一昨年の干ばつ影響から出荷量が減少、一方でアジア市場での需要拡大から米国産牛肉の価格が高騰。今後も出荷量の漸減傾向は変わらない見込みであることに加え、さらにアジア市場での消費拡大が進む見通しとなっている。

同社では、さまざまな合理化を継続して進め、コストの削減に取り組んでおりますが、企業努力のみで食材コストの上昇分を吸収することは困難となり、今回販売価格を変更することとなった。

■牛すき鍋膳は、630円据え置き
また、10月29日(水)に再登場した「牛すき鍋膳」は、今回価格を「据え置き」となる。
吉野家は今年で創業115年。今後も定番商品「吉野家の牛丼」の品質を継続的に向上すると共に、サービス品質を向上していきたいとしている。

牛丼
並盛(現価格)300円⇒(新価格)380円、価格差:80円
アタマの大盛(現価格)390円⇒(新価格)480円、価格差:90円
大盛(現価格)460円⇒(新価格)550円、価格差:90円
特盛(現価格)560円⇒(新価格)680円、価格差:120円
小盛(現価格)390円⇒(新価格)490円、価格差:100円
牛カルビ丼並盛(現価格)490円⇒(新価格)590円、価格差:100円
大盛(現価格)590円⇒(新価格)690円、価格差:100円

対象商品一覧(一部抜粋)*表示価格はすべて税込です。

Copyright© YOSHINOYA CO.,LTD.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.