京都センチュリーホテル、“幸せを呼ぶ”抹茶スイーツビュッフェを開催。

更新日:

京都センチュリーホテルは、2018年5月20日(日)~8月26日(日)の日曜日限定で、「オールデイダイニング ラジョウ」にて、京都を代表する老舗宇治茶専門店「祇園辻利」の宇治抹茶を使用した風味豊かなスイーツをお好きなだけ堪能できる抹茶スイーツビュッフェ、「MATCHA Sweet Garden 2018(抹茶スイートガーデン)」を開催する。

 

 

今回のスイーツビュッフェでは、「猪目窓から広がる、抹茶スイートガーデン」をテーマに、日本緑茶発祥の地として知られる京都府綴喜郡宇治田原町の「正寿院」と初のコラボレーションを実施。
“幸せを呼ぶ窓”として女性を中心に話題となっている、ハート型の“猪目窓(いのめまど)”などをモチーフにした、抹茶スイーツや装飾が店内を華やかに彩る。

 

抹茶スイーツには、地元・京都を代表する老舗宇治茶専門店「祇園辻利」の宇治抹茶を使用。抹茶の風味がバラエティ豊かに味わえるスイーツを含むスイーツ約30種の他、フードやフルーツ約15種、アイスクリーム15種以上など、合計約60種をお好きなだけ楽しめる。
ビュッフェラインは、女性に人気の京都発祥のライフスタイルショップ「INOBUN」がコーディネート。猪目窓を覗くと広がる、緑豊かな夏のガーデンを演出。

 

京都のホテルで3番目に歴史のある「京都センチュリーホテル」、創業150年余りの宇治茶専門店「祇園辻利」、創業200年を迎えたライフスタイルショップ「INOBUN」、さらに約800年前に創建されたとされる「正寿院」がコラボレーションし、伝統を紡ぐ新たなアプローチとして、スイーツビュッフェを展開。

 

◆MATCHA Sweet Garden 2018のポイント
<Point.1>「可愛すぎる」ハートの窓が話題の宇治田原町「正寿院」と初コラボレーション
日本緑茶発祥の地とされる宇治田原町にあり、“幸せを呼ぶ窓”として、ハート型の“猪目窓”が女性を中心に注目を集めている正寿院と初のコラボレーションを実施。
「可愛すぎる」とSNSで話題の“猪目窓”はもちろん、「花」や「日本を感じる風景」をテーマにした160枚もの絵が天井を埋め尽くす“天井画”、夏に実施される“風鈴まつり”などをイメージした、スイーツや装飾で店内を華やかに彩る。

 

■パティシエからのおもてなしの一皿「INOMEMADO」
席についたら、まずはパティシエからのおもてなしの一皿「INOMEMADO」を提供。
愛らしい茶花の模様をあしらった抹茶のクッキーで作られたハートの窓から覗くのは、抹茶のティラミス。濃厚なマスカルポーネクリームの上に、宇治茶専門店「祇園辻利」の抹茶をたっぷりとふりかけたパティシエ渾身のアヴァンデセール。
「和×洋」を楽しめる、チーズと抹茶の絶妙なマリアージュをお届け。
※「INOMEMADO」のみ、ひとり一皿限定。

 

■天井画と風鈴をイメージした、格子を埋め尽くす涼やかなグラススイーツ
正寿院 客殿の天井を色鮮やかに彩る天井画を、木目調の格子にずらりと並べた数々の抹茶スイーツで表現。
涼しげなグラススイーツは、毎年夏に開催される「風鈴まつり」から、境内に透き通るような音色を響かせる風鈴をイメージした。
涼を感じる透明感と一口サイズの色とりどりのスイーツで、幻想的な空間を演出。

 

<Point.2>“抹茶へのこだわり”スイーツに使用する抹茶は、老舗宇治茶専門店「祇園辻利」の宇治抹茶
抹茶にこだわった本企画では、スイーツに京都を代表する宇治茶専門店である「祇園辻利」の宇治抹茶を使用。
京都府南部の茶園にて、覆いを被せて日光が当たらないように育てた新芽を蒸した後、揉まずに乾燥させてつくる碾茶(てんちゃ)を臼で挽いて粉にした抹茶は、茶葉を全て味わうような豊かな香りとまったりとした旨み、甘みが特徴。

 

■宇治抹茶を使用したこだわりのスイーツ
抹茶を使用したスイーツを約20種類展開。
しっとりとした抹茶のスポンジ生地で抹茶クリームと爽やかな蜜柑のガナッシュをはさんだ「抹茶蜜柑のオペラ」やシロップ漬けにしたブリオッシュに甘酸っぱいいちごのコンフィチュールと濃厚な抹茶ショコラのクリームをサンドした「抹茶のトロペジェンヌ」をはじめ、抹茶の風味が楽しめるパティシエ特製のスイーツを提供。

 

<Point.3>毎回1名様に季節のフルーツコンポート「ワンダーフルーツガーデン」をプレゼント
アヴァンデセール「INOMEMADO」の中には、毎回1名様にのみ、いちごを忍ばせた。
見事、幸運を手にされたお客様には、涼しげなガーデンをイメージした、フルーツコンポート「ワンダーフルーツガーデン」をサプライズでお席までお届け。
繊細な飴細工で作られたキャンディーフラワーとともに、メロンやマスカットなどの涼やかな季節のフルーツを楽しめる。

 

<Point.4>抹茶を使用した充実のフードメニュー
フードにも抹茶を使用したメニューをご用意。鶏胸肉のマリネ、お出汁と抹茶の和風スクランブルエッグにわさびのタルタルソースでアクセントをつけた「鶏胸肉のマリネと抹茶香るスクランブルエッグのオープンサンド」の他、「茶蕎麦のペペロンチーノ風」や「合鴨スモークと抹茶風味のポテトサラダ」など、フードメニューも充実のラインナップでお届け。

 

<Point.5>風鈴をイメージしたノンアルコールカクテル「KANANEIRO~奏音色~」
涼やかに音色を奏でる風鈴をイメージした、ノンアルコールのオリジナル抹茶カクテル。
丸みを帯びた風鈴を思わせるフォルムのグラスには、濃厚な抹茶蜜をベースにした、クリアな【抹茶soda】とまろやかな【抹茶milk】の2種類のカクテルを展開。
フタの上に、抹茶のパウダーシュガーとハート(猪目)型のシュガーが入った最中をのせ、華やかな天井画に見立てた。抹茶のパウダーシュガーを注ぎ、グラスと氷が奏でる涼しげな音色とともに楽しめる。

 

<Point.6>ライフスタイルショップ「INOBUN」による、「正寿院」を取り入れた空間演出
ビュッフェラインの装飾は、1814年の創業より200年の時を越えて、地元京都に息づくライフスタイルショップ「INOBUN」が監修。
リスやウサギなどが暮らす、緑豊かな夏のガーデンをテーマに店内を彩る。さらに、「正寿院」の「風鈴まつり」をイメージし、ビュッフェラインの上に煌くガラス小物や猪目窓をモチーフにした装飾を取り入れ、幻想的な空間で迎えてくれる。

 

◆MATCHA Sweet Garden 2018
■スイーツメニュー
1. アヴァンデセール「INOMEMADO」 ★おひとり様一皿限定
2. 金柑の抹茶スフレ(金柑と抹茶のフロマージュスフレ)
3. 抹茶と白桃のショートケーキ(抹茶風味のスポンジに白桃のコンポートと抹茶クリームをはさんだショートケーキ)
4. テリーヌショコラ抹茶(濃厚な抹茶のしっとりとしたテリーヌショコラ)
5. パリブレスト抹茶(竹炭を練りこんだ真っ黒なシュー生地で抹茶クリームと生クリームをサンド)
6. 抹茶モンブラン(抹茶クリームと栗のペーストのモンブラン)
7. 抹茶蜜柑のオペラ(しっとりとした抹茶のスポンジで抹茶クリームと蜜柑のガナッシュをはさんだオペラ)
8. 抹茶のトロペジェンヌ(シロップ漬けにしたブリオッシュにいちごのコンフィチュールと抹茶ショコラのクリームをサンド)
9. クロワッサン餡バター(クロワッサンに抹茶バターとこしあんをサンド)
10. 抹茶のガナッシュ最中(濃厚な抹茶の生チョコと粒あんの最中仕立て)
11. 清見オレンジロール 抹茶ジュレ(清見オレンジのロールケーキに抹茶のジュレを添えて)
12. フルーツ抹茶フォンデュ(白玉、いちご、あんず、クッキーの小さな抹茶フォンデュ)
13. 抹茶ブランマンジェ(抹茶風味のブランマンジェにフルーツを添えて)
14. 抹茶ジュレ(さっぱりとした抹茶のジュレにグレープフルーツを添えて)
15. 抹茶葛きり杏仁豆腐添え(杏仁豆腐と葛きりを抹茶蜜とともに)
16. 抹茶ブリュレ(なめらかで濃厚な焼きたて抹茶ブリュレ)
17. 抹茶マカロン茶花仕立て(抹茶マカロンに茶花に見立てたチョコレートを添えて)
18. 抹茶といちごコンフィチュールのタルト(ほろ苦い抹茶クリームと甘酸っぱいいちごコンフィチュールのタルト)
19. 抹茶のロッシェ(抹茶チョコレートとイチジク、あんずのロッシェ)
20. 抹茶×山椒のボンボン(抹茶ガナッシュに山椒の香りをあわせたボンボンショコラ)
21. 抹茶×柚子のボンボン(抹茶ガナッシュに柚子のコンポートをあわせたハート型のボンボンショコラ)




■季節のジュレ・ガトー 9種
■フード・フルーツ 約15種
■アイスクリーム 15種以上
■ドリンク 「KANANEIRO~奏音色~」など約15種

店舗概要

◆MATCHA Sweet Garden 2018
実施期間: 2018年5月20日(日)~8月26日(日) ※日曜日限定
店舗名 : オールデイダイニング ラジョウ(京都センチュリーホテル2F)
時間  : [1部]13:30~15:00 [2部]15:30~17:00(90分制)
料金  : 大人4,500円 7-12歳 2,500円 4-6歳 1,200円(消費税・サービス料込)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.