サンクトガーレン バレンタインに好評だったチョコビール「杏仁チョコレートスタウト」を再発売

更新日:

サンクトガーレンは世界的に品薄となっているバニラを使ったチョコビール「スイートバニラスタウト」の代わりに、杏仁を使ったチョコビール「杏仁チョコレートスタウト」を復活させ、イベントで販売を開始した。

バニラの品薄により「スイートバニラスタウト」の製造が困難

バニラ産地を襲ったサイクロンの影響や、中国などでのバニラの需要の高まりにより、バニラの価格が高騰している中、サンクトガーレンでは2007年より、バニラで甘い香りをとけこませたチョコビール「スイートバニラスタウト」を製造販売している。
チョコレート麦芽を使用した濃厚な飲み口と、ビールとは思えない甘い香りと味わいで「まるでリキュールのよう」と言われるデザートビールとなっている。
https://www.sanktgallenbrewery.com/beers/vanilla-stout/

バニラの価格は発売当時から年々上昇しており、約10倍にまで達した。それでもなんとか価格据え置きで製造販売を行っていたが、チョコビールの需要が高まるバレンタインシーズンで、かき集めたバニラの在庫をほぼ使い果たしてしまったのが現状。
最近では価格が高騰しているだけではなく、まとまった量の入手自体が困難になっており、年始に計画していた半量程度しか「スイートバニラスタウト」の製造が出来ていない。

「杏仁チョコレートスタウト」の復活

初夏のビールイベントが集中するシーズンに入り、そこでも毎年好評だったチョコビールだが、このままではイベントでの提供が難しいと判断。急遽、今年のバレンタインシーズン限定で製造販売していた「杏仁チョコレートスタウト」を再醸造。イベントでスイートバニラスタウトの代わりに販売を開始した。
https://www.sanktgallenbrewery.com/valentine/annin-chocolate-stout/

杏仁チョコレートスタウトは杏仁豆腐の原料としてお馴染みの杏仁を副原料に使用したチョコビール。
1回の仕込みに100kgの杏仁を使用。麦芽化していない麦を数種類使用することで、もっちり濃密な飲み口を表現。さらに乳糖を使用することでミルキーな風味をプラスしている。

日本の杏仁豆腐には、杏仁と似た風味をもつアーモンドパウダーやエッセンスを高価な杏仁の代わりに用いているものがある。そのため、このビールは「アーモンドチョコレートみたい」という感想が多い。

杏仁チョコレートスタウトは現在、下記のイベントで提供中。

イベント詳細

日本最大級のフードフェス「まんパク」のサンクトガーレンブース
肉、海鮮、スイーツ、ラーメン、揚げもの、餃子などのジャンルの人気店が集結する日本最大級のフードフェス。
日時:2018年5月17日(木)~6月4日(月)
時間:10:30~21:00  ※最終日のみ10:30~18:00
場所:国営昭和記念公園 みどりの文化ゾーン
URL:http://manpaku.jp/
料金:前売 平日400円 土日700円/当日 平日500円 土日800円
杏仁チョコレートスタウト販売価格(税込): M 500円/L 600円/4杯選べる飲み比べセット 1,000円

サンクトガーレン
公式サイト : https://www.sanktgallenbrewery.com/
Twitter: https://twitter.com/SanktGallenSHOP
Facebook: https://www.facebook.com/SanktGallenBrewery
Instagram:https://www.instagram.com/mikisanktgallen/
Google+:https://plus.google.com/+Sanktgallenbrewery

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.