働く男女1000人に聞く「バレンタイン実態調査2015」、平均予算は4,986円と2年前より大幅アップ。

更新日:

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執⾏役:⼩⻄克⼰)は、全国の20〜49 歳の社会人を対象に、「〜働く男⼥1,000 ⼈に聞く〜バレンタイン実態調査2015」を実施し、結果を発表した。

調査手法はインターネットリサーチ。調査実施日は2015 年1 月13 日(火)。有効回答数は1,000 名。

■働く女性のチョコ購入率は81%、チョコ購入予定者の平均予算は「4,986 円」で、2 年前より831 円アップ
全国の20〜49 歳の働く女性に、バレンタインチョコの購入予定があるかを尋ねたところ、81%が「ある」と回答した。また、購入予定がある人にその合計予算を尋ねると、平均は「4,986 円」で、2 年前より831 円アップしている。

■チョコ予算ランキング、働く女性トップは「仕事の義理チョコ」、2 位「自分へのご褒美チョコ」、3 位「本命チョコ」
バレンタインチョコの購入予定の人に、1人あたりの予算を尋ねた。もっとも予算が高かったのは「仕事関連の義理チョコ」で2,499 円、次いで「自分へのご褒美チョコ」2,303 円、「本命チョコ」2,074 円で、働く女性がチョコに掛ける金額では、本命の相手よりも、仕事関連の人や自分へのご褒美の方が高いことが判明した。

■チョコは手作りするか。作る派は39%、買う派は61%
バレンタインチョコを購入すると回答した人に、チョコは手作りするかを尋ねると、「手作りする」39%、「手作りしない」は61%だった。

■本命チョコは愛情こもった“手作り派”が多数。85%が「味」、75%が「⾒た⽬」を重視
チョコを「手作りする」と回答した人に、手作りする時に重視することについて、“本命”“本命以外”それぞれに
ついて尋ねると、“本命”では85%が「味」、75%が「見た目」を重視すると回答した。
本命は、高額なチョコを買うよりも、手作りで「味」と「見た目」を重視した、愛情のこもった“手作り派”という人が多い。

■“手作り派”の7 割が「スマホ・携帯」でレシピサイトをチェック、2 年前より25%の大幅増
チョコを手作りする人に、どのレシピを参考にするか尋ねた。もっとも多かった回答は、「レシピサイト(スマホ・携帯)」で68%の人が利用していることが分かった。2013 年1 月に実施した同調査と比較すると、25%の大幅増となっている。2年前はPC からレシピサイトを参考にすることが主流だったが、スマホの普及により、料理をしながらでも気軽にチェックできるレシピサイトが支持されるようになった。

■女からの感謝の気持ちに気づいていない男性多数。バレンタインはどんな日か?女性「日頃の感謝の気持ちを伝える日」、男性「普段と変わらない日」
働く女性と男性それぞれに、バレンタインはどんな日か尋ねた。女性は「日頃の感謝の気持ちを伝える日」が55%ともっとも多く、感謝や愛などを伝える日としてとらえている。一方男性は「普段と変わらない日」34%がもっとも多く、「日頃の感謝の気持ちを伝える日」と回答した人は女性よりも24 ポイントも低く、31%にとどまった。女性からの感謝の気持ちに気づいていない男性が多いのかもしれない。

<調査概要>
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:全国、20〜49 歳の会社員、公務員の男⼥(マクロミルモニタ会員)
有効回答: 合計1,000 サンプル(男性500 サンプル、⼥性500 サンプル)
調査実施日: 2015 年1 月13 日(火)
調査機関: 株式会社マクロミル

<調査結果URL>
http://www.macromill.com/r_data/20150122valentine/index.html

(C)MACROMILL,INC.
※すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.