“アートな夜パフェ”三菱一号館美術館のカフェ・バー「Café 1894」で数量限定販売

更新日:

三菱一号館美術館併設のミュージアムカフェ・バー「Café 1894」では、2018年11月10日(土)~12月16日(日)の間、毎日夜20時より、「フィリップス・コレクション展」開催を記念して夜しか食べられない“アートな夜パフェ”を数量限定で販売します。14層の断面がフォトジェニックなタワー型のパフェは、香り豊かでみずみずしいシャインマスカットや巨峰、和栗などをふんだんに使用し、贅沢かつアーティスティックに仕上がっています。
また、期間中パフェを注文された方全員に、「フィリップス・コレクション展」×「夜パフェ」オリジナルトートバッグをプレゼントします。さらに大手町・丸の内・有楽町エリアにお勤めの方にはKUSMI(クスミ) TEA(ティー)サービスの特典も用意しています。クラシカルな店内で、頑張った一日のご褒美にぴったりなパフェで、“食欲の秋”が満喫できます。

三菱一号館美術館Café 1894:https://mimt.jp/cafe1894/

■話題の〆パフェにも 美術館のカフェで、夜だけ楽しめる“アートな夜パフェ”を限定販売
三菱一号館美術館「Café 1894」で、働く女性たちをはじめ、みなさまに秋の夜長を楽しんでもらうために、夜しか食べられないスペシャルスイーツを作りました。11月10日(土)より販売開始します。

■Café 1894 特製 “アートな夜パフェ”

パフェの断面は全部で14層です。カシスソース、栗ムース、キャラメルソース、ラ・フランス、和栗、シャインマスカット、巨峰などを重ねていき、2種類のアイス、頂上にアーモンドチュールを乗せました。絶妙な甘みと酸味のバランスで、このボリュームでも最後までついついスプーンが進むような一品です。

■パフェ注文でオリジナルトートバッグがプレゼント


※イメージ

期間中、パフェを注文したお客様全員に、「フィリップス・コレクション展」をおトクに楽しめる割引券が入ったオリジナルトートバッグをプレゼントします。「フィリップス・コレクション展」のロゴをあしらった、“アートな夜パフェ”企画だけのオリジナルトートバッグです。

販売概要

※数量限定
販売期間:2018年11月10日(土)~12月16日(日) 各日20時~
※貸切利用等で夜の営業がない場合があります。
営業時間については、Café 1894公式サイトにて確認できます。
URL:https://mimt.jp/cafe1894/#/hours
販売価格:1,680円(税抜、別途コペルト料 300円がかかります)

■近所特典―大手町、丸の内、有楽町エリアにお勤めの方にはKUSMI TEAのサービスもあります。

三菱一号館美術館のある丸の内の近隣エリアにお勤めの方限定で、パフェを注文すると、丸ビルB1階にコンセプトストアがあり、150年の歴史を持つパリのプレミアムティーメゾンKUSUMI TEAから人気のウェルネスブランドティーを1杯プレゼントされます。

KUSMI TEA特典概要

パフェご注文の際、エリア就業者であることをお申し出いただいた方にKUSMI TEA[ウェルネスブレンドティー]の中から、グレープフルーツフレイバー香る『エクスピュア アディクト』を1杯プレゼントします。※
対象者:勤務先が大手町、丸の内、有楽町の3エリアのいずれかに勤めている方
※他の特典との併用は不可です。 特典の提供は20時以降となっています。

世界の巨匠の作品を一挙に楽しめる 全員巨匠!「フィリップス・コレクション展」 開催中
■今年で創立100周年を迎える歴史ある美術館のコレクション
三菱一号館美術館では、2018年10月17(水)~2019年2月11日(月・祝)の間、全員巨匠!「フィリップス・コレクション展」を開催しています。アメリカでもっとも優れた私立美術館として知られているワシントンのフィリップス・コレクションは、2018年の今年で創立100年を迎える歴史ある美術館です。絵画コレクターであったダンカン・フィリップスの、世界有数の近代美術コレクションの中から、印象派のモネやドガ、印象派以降の絵画を牽引したセザンヌ、ピカソらの秀作75点を展覧しています。美術初心者の方や、たまにしか美術館には行けないという方でも、巨匠たちの作品を一度に観て、楽しめる貴重な機会です。

■全員巨匠!「フィリップス・コレクション展」見どころ

1. 創設から100年、アメリカ初の近代美術館として開館してから97年のフィリップス・コレクションの厳選をたどることができます。
2. ダンカン・フィリップスが生涯を費やし、芸術作品に対する強い情熱と高い見識で積み上げた稀代の近代美術コレクションが一堂に会します。
3. フィリップス・コレクションと三菱一号館美術館の共通点である、赤レンガ造りの外観と親密な空間の展示室で名画を味わう貴重な機会。

■全員巨匠!「フィリップス・コレクション展」概要
会期:2018年10月17日(水)~2019年2月11日(月・祝)
開館時間:10:00~18:00 ※入館は閉館の30分前まで(祝日を除く金曜、第2水曜、会期最終週平日は21:00まで)
休館日:月曜日(但し祝日・振替休日の場合、会期最終週とトークフリーデーの10/29、11/26、1/28は開館)
    年末年始(12/31、1/1)
入館料・当日券:一般 1,700円 高校・大学生 1,000円 小・中学生 500円
【アフター5(ファイブ)女子割】
毎月第2水曜日の17時以降、女性のお客様の当日入館料が一律1,000円となります。
※利用の際は「女子割」での当日券購入の旨を申し出てください。
※当日券・一般(女性のみ)1,000円(税込)、他の割引との併用不可

女子が気になる美術館あれこれQ&A ~広報担当がお答えします~
Q.友達が急にドタキャン… 美術館って一人で行っても大丈夫?
A. もちろんOKです。実は一人で美術館を訪れる女性もたくさんいます。誰かと行くのも楽しいですが、一人なら自分のペースで作品を見られるし、気に入った作品は色んな角度から見てみたり、一人の時間だからできる鑑賞法がありますよ。

Q.アートに詳しくなくても楽しめる?
A. 美術館に足を運んだぶんだけアートに詳しくなっていきます。展覧会場には必ずその絵の詳細や、描かれた時代背景についての説明書きがあるものです。その絵画の時代背景がわかると、絵そのものが身近に感じられるかもしれません。あまり難しく考えずに、自分の家に飾りたいと思う絵や、面白いと感じる絵を探してみましょう。

Q.絵画を鑑賞するほかに楽しみ方はありますか?
A. 多くの美術館はカフェやミュージアムショップを併設しています。期間限定の展覧会とのタイアップによって、限定アイテムやメニューを提供していることもあります。時間があるのなら、ぜひ立ち寄ってみることをおすすめします。展覧会の余韻に浸りながら、絵を鑑賞するのとは違う楽しい時間が過ごせること間違いなしです。

「Café 1894」について
■銀行営業室として利用された空間を復元した、ミュージアムカフェ・バー
三菱一号館美術館 「Café 1894」は、かつて銀行営業室として利用されていた場所です。この空間の復元にあたっては、1894(明治27)年の三菱一号館竣工時に撮影されたと思われる写真の他、図面、保存部材から、可能な限り忠実な復元を目指しました。クラシカルな店内は、TVや雑誌などの撮影にもよく使用されています。

Café 1894 店舗情報

営業時間:11:00~23:00
    (ラストオーダー22:00)
定休日:不定休
住所:東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL:03-3212-7156

関連キーワードから記事を見る
, , , , , , , ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.