ピザハット “おいしさを可視化” した日本初の「おいしさAI解析CM」が登場

更新日:

社会や産業のデジタルイノベーションに取り組む株式会社シーエーシーが開発した「心sensor」が、日本ピザハット株式会社による日本初の「おいしさAI解析CM」(*1)で、食べている人の表情を解析して「おいしさを可視化」するツールとして採用されました。「心sensor」を活用したピザハットの新CMは12月1日(土)から全国で順次オンエアされます。また、新CMは本日からピザハット特設サイトでも公開しています。

*1:2018年9月27日時点、CM総合研究所調べ。

ピザハットの「おいしさAI解析CM」

ピザハットは、おいしいピザで人を幸せにしたいという思いから、おいしさと人の幸せの関係を表現する新しい形を求めていました。同社が今年8月に全国2万人を対象に実施した調査では、おいしいものを食べることが人が幸せを感じることと関連づけられており、その相関関係を計測しCMで表現することを、同社はクリエイティブエージェンシーのENJINと共に企画。そのためのツールとして、CACが開発した感情認識AIによる動画分析サービス「心sensor」を採用しました。

ピザハットでは、同社のピザを食べた際の表情を「心sensor」で分析、その結果をもとに、おいしいものを食べているときの幸せ感を独自の「しあわせ指数」として指標化しました。「心sensor」は、表情筋の動きを感情認識AIが解析し、21種類の表情、7種類の感情、2種類の特殊指標(Valence[肯定的感情/否定的感情]、およびEngagement[表情の豊かさ])を捉えることが可能ですが、同企画においては、「しあわせ指数」が計測可能となるようカスタマイズ開発を行いました。その上でピザハットは、CM撮影中に同社のピザを食べている出演者たちの「しあわせ指数」を計測し、ピザを食べることで幸せを感じる様子をビジュアル化して表現。こうして、日本初となる「おいしさAI解析CM」が誕生しました。

ピザハット特設サイト:
https://pizzahut.jp/pc/general/include/shiawase_premium4.html

「心sensor」概要

「心sensor」は、感情認識プラットフォームに米国Affectiva社の製品を活用し、CACが独自開発した感情分析サービスです。利用者があらかじめ撮影した動画やリアルタイム映像内に映る人物の表情を感情認識AIで解析し、動画から読み取れる人物の感情を数値データとして出力します。企業などの利用者は、各種リサーチや商品開発、顧客満足度調査等に手持ちの動画データを課題解決のための新しいソリューションとして活用することができます。

感情認識AIおよびAffectiva社について

感情認識AIは人間の感情を推定・認識するAI(人工知能)技術であり、人間の顔画像を捉えてリアルタイムに計測し、瞬間的に生じる自然な感情の高精度な分類を可能にしています。
ディープラーニングの技術をベースとしているため、世界87ヵ国以上から収集された約700万人という膨大な人間の表情データを収集・解析し、識別の精度が向上していきます。
Affectiva社はこの分野における世界のリーディングカンパニーであり、CACはAffectiva社の日本と中国における唯一の正規代理店です。

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.