空港でしか手に入らない!東京ばな奈×サンリオの日本土産『ハローキティ アップルケーキ』を販売

更新日:

株式会社グレープストーンが展開する東京みやげブランド「東京ばな奈ワールド」は、株式会社サンリオとのコラボ商品『ハローキティ アップルケーキ』を2019年3月1日(金)に成田空港/羽田空港国際線で発売します。https://www.tokyobanana.jp/products/apple_cake.html

■「Cute&Tasty」で、海外の方に大好評!空港でしか手に入らない人気コラボの日本土産
昨年2月の発売以来、中国・韓国・台湾を中心としたアジアの訪日外国人の方に好評でした。成田空港/羽田空港国際線だけの限定品ということもあり、日本土産として多くの方々に選ばれています。この「アップルケーキ」は、1年間でなんと240万個以上を販売。東京ばな奈とハローキティとのキュートなコラボが、お子さまや奥さま、彼女に喜ばれるお土産として日本出張時に選ばれている理由のようです。自慢したくなるほど可愛いと、SNSでたくさんの写真がアップされています。
※羽田空港国際線ターミナルは、飛行機にご搭乗のお客様のみ入場できるエリアでの販売となります。

■4つの進化!おいしさも、食感も、デザインも、商品名もさらに可愛くおいしくリニューアル
もっとお客様に愛される日本土産になるために、さらに素敵に進化しました。
〈Point 1〉リンゴのおいしさUP
 中身のアップルゼリーをリンゴの酸味を効かせて、コンフィチュール状のとろっとした食感に。
〈Point 2〉カスタードでさらにおいしく
 周りのクリームをミルククリームから、よりリンゴと相性の良いカスタードクリームへ。
〈Point 3〉デザインももっとキュートに
 パッケージもさらにハローキティの可愛さを引き立たせるデザインになりました。
〈Point 4〉ネーミングもフレンドリーに
 商品名もよりわかりやすく親しみやすい『ハローキティ アップルケーキ』へ変わりました。

■なんで「東京ばな奈」なのにアップル味!その秘密の理由を大公開
東京ばな奈といえばバナナ味が定番ですが、『ハローキティ アップルケーキ』のテーマは、名前の通り“リンゴ”。その理由は、ハローキティの有名なプロフィールにあります。身長は「リンゴ5コ分」、体重は「リンゴ3コ分」、好きな食べ物は「ママが作ったアップルパイ」。そんなハローキティのことを想って、東京ばな奈ワールドが“ブランド史上初のリンゴ味”に挑戦しました。

商品概要

【名 称】 ハローキティ アップルケーキ
【価 格】 4個入648円(600円)、 8個入1,188円(1,100円)
※( )内は本体価格
【発 売 日】 2019年3月1日(金)
【販 売 店】 成田空港内Fa-So-La各店、
       羽田空港国際線内TOKYO SOUVENIR SHOP NORTH
※一部お取扱いのない店舗もあります。

【特 徴】東京ばな奈ワールドの技とハローキティらしいリンゴの魅力がいっぱいつまった「ハローキティ アップルケーキ」。まわりは、東京ばな奈の永年の技をいかした、ふわふわ柔らかいスポンジケーキ。スポンジ生地には、ハローキティがかわいく描かれています。中は、リンゴのジューシーなおいしさをことこと煮詰めた酸味の効いたアップル・コンフィチュール(ジャム)。爽やかな甘酸っぱさを引き立てるため、コンフィチュールは、滑らかなカスタードクリームに包んでいます。東京ばな奈のやさしさとハローキティらしいリンゴのおいしさが一緒になった、ふわふわぷるぷる食感を楽しめます。
© 1976, 2019 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. G590348

関連キーワードから記事を見る
, , , , , , , , ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.