ソースやトッピングに頼らない“素”のたこ焼き!【大阪こなもん酒場 たこやき番長】横浜・関内にオープン

更新日:

株式会社ハイパードライブ(東京都港区)は、2月、大衆居酒屋「大阪こなもん酒場 たこやき番長」を横浜・関内にオープンします。「たこ焼き」と言えば、ソースに青のり、マヨネーズ、鰹節などが乗った姿をイメージする人も多いと思いますが、「たこやき番長」はソースやトッピングに頼らない、“素”のたこ焼きでチェーン展開を目指しています。

「番長シリーズ」で年間4店舗の出店計画

「大阪こなもん酒場 たこやき番長」は「カレー番長」に次いで、ハイパードライブが仕掛ける「番長シリーズ」第二弾という位置づけ。今後も、餃子・ハンバーグなど、日本人にとってなじみ深く、日常的に食べたくなるような「国民食」の専門チェーンを目指し、ジャンルを問わず年間4店舗を視野に展開していく予定。

メニューはたこ焼きの他、関西風おでん、どて焼き、お好み焼き、焼きそばなど、約80種類をラインナップし、それぞれ、300円・400円・500円とシンプルな価格設定で提供します。ハイボールの価格設定は1杯350円で、平均予算は1人2500円~3000円。たとえば、会社帰りに同僚と立ち寄れるような気軽に普段使いできるカジュアルなお店です。

看板メニューの1つ、たこ焼きの味を一言で表現するなら「外はカリッ、中はトロッ」。一口目からダシの風味が香り、ソースやマヨネーズをかけなくても、生地本来の味を楽しめます。

味の決め手はダシと小麦粉の配合です。ダシの量は他店の約1.5倍(※)ほどで、水分量のバランスをギリギリまで高めることで「外はカリッ、中はトロッ」の食感を実現しています。
ソースやマヨネーズをかけても味の変化を楽しむことができます。メニューの一例は以下の通り。
※同社調べ

<大阪こなもん酒場 たこやき番長 たこ焼きメニュー>
・たこ焼き(8種のバリエーション)
・関西風おでん
・大阪名物 どて焼き
・お好み焼き
・焼きそば

大阪発・ダシ香るたこやきを全国に広めたい

“素”の味で勝負する「大阪こなもん酒場 たこやき番長」は、「粉もん文化」の本場・大阪で生まれ育った、ハイパードライブ社長・浅田剛治氏の「思い出の味」から生まれました。
「たこ焼き激戦区」とも言える大阪には、もちろん、ソースが決め手のたこ焼きもありましたが、浅田氏が少年時代から、学校帰りなどにおやつ感覚で慣れ親しんだのは、ダシが旨いたこ焼きでした。
日本全国、どこへ行ってもなかなか出会うことのできなかった「その味」を全国に広めたい、そんな思いから、横浜・関内店を皮切りにチェーン展開を目指しています。

「横浜スタジアム」至近の1号店は野球観戦客にも訴求

1号店の横浜・関内店は、「横浜スタジアム」至近に位置し、野球観戦者にも利用も多いとの見込み。テレビも5台設置し、「チケットは入手できなかったけどせめて近くで応援したい」といった人のパブリックビューイングも歓迎しています。テイクアウトも用意していて、スタジアムでビールやハイボール片手に食べることもできます。
横浜・関内店は全61席。個室もご用意している他、貸切にも対応しています。

<大阪こなもん酒場 たこやき番長>

神奈川県横浜市中区常磐町1-4-2 LANDPOOL KANNAI 1F
営業時間
月~金 17:00~23:00
土 13:00~23:00
日祝 13:00~21:00

定休日・不定休
テイクアウト有

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.