春水堂の新作!台湾のローカルフード『涼麺(リャンメン)』日本オリジナルの2種が登場

更新日:

株式会社オアシスティーラウンジが運営する台湾カフェ「春水堂(チュンスイタン)」は6月22日(月)から、たっぷりのパクチーとピリ辛肉味噌が決め手の『温玉パクチー涼麺』と、枝豆のコクあるスープが特徴の『鶏と枝豆の豆乳涼麺』を新発売します。
また、昨夏に販売し人気の『タピオカマンゴーミルクティー』を再販売します。
いずれも日本の春水堂オリジナル、期間限定での販売となっています。

台湾のローカルフード『涼麺(リャンメン)』新作2種!

街中で気軽に食べられる台湾ローカルフードの「涼麺」(リャンメン)。肉味噌や野菜を好みでトッピングし、しっかり混ぜ合わせて食べるさっぱりした麺は、暑い台湾だからこそ、夏の食欲増進にも効果的と、現地ではとても人気があります。今夏春水堂では日本オリジナルの2種の涼麺を発売します。
『温玉パクチー涼麺』はダブルのパクチーの香りが爽やかなエスニック涼麺。花椒、唐辛子などのスパイスを練りこんだ、辛味たっぷりの特製肉味噌とペースト状に濃縮されたパクチージェノベーゼをからめながら味わえるようになっています。たっぷりの生パクチーと、少しずつ崩しながら味変も楽しめる温玉をトッピングしており、じめじめした季節にも食欲をそそるスパイスが効いた爽やかなエスニック涼麺となっています。
もう1種の『鶏と枝豆の豆乳涼麺』の特徴はゴマ風味のマイルドな豆乳に合わせた枝豆のピューレ。淡い緑色のスープは、ゴマや鶏出汁のうまみと豆のコクがたっぷりとなっています。トッピングの蒸し鶏やたっぷりの野菜と一緒に冷やした麺に混ぜ合わせて味わう、夏らしい一品となっています。

人気のマンゴードリンク再販売

6月22日(月)同日より、昨年夏に販売し人気の高い「タピオカマンゴーミルクティー」を再販売します。ほんのり酸味のきいた濃厚なマンゴーを贅沢に使い、さわやかな香りのジャスミンティーとミルクにブレンドし、たっぷりのクリームとマンゴーソースをトッピングした、爽やかな一品。マンゴーの甘酸っぱさとジャスミンミルクティーのまろやかなハーモニー、もちもちのタピオカのリッチな食感を楽しめるようになっています。

商品概要


商品名(税抜):
①『温玉パクチー涼麺』900円
②『鶏と枝豆の豆乳涼麺』850円
③『タピオカマンゴーミルクティー』650円
 ③はスマタピご利用に限り6/16(火)から先行販売
販売店舗 : 全店舗
(*ルミネエスト新宿店でのフードの販売はありません)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.