カレー好きの横山だいすけが絶賛「これはもう飛行機の中ですね!」脳内フランス旅行へ行けちゃう"おしゃれ"カレー

投稿日:2020/08/28 17:30 更新日:

2020年8月27日放送の「バゲット」(日本テレビ系)の水曜日は「カレーの日」のコーナー。横山だいすけさん「おすすめのカレー」を紹介しました。


(画像:時事通信フォト)

■フレンチの技法を取り入れたおしゃれなカレー!

今回は、学生時代カレーを食べ歩いていたという、カレーフリークのだいすけお兄さんがおすすめのカレーを紹介。

歌のお兄さんをしていた時、毎週木曜日は渋谷NHKでリハーサルの日と決まっていました。1週間分の収録を頭に叩き込むので、頭がパンクしそうになるんだとか。

そのため、「今日はがんばるぞ!」と気合を入れるために今回ご紹介するお店に行っていたんだそうです。

そのお店が、代々木公園駅から徒歩3分のところにある「ビストロとサカバ TAKE」。フレンチ出身のオーナーが和洋織り交ぜた料理を提供する肉ビストロです。

オーナーの竹内さんは有名フレンチレストランで修行した後、フランス料理を手軽に食べてもらいたいとフレンチの技法を使った深みのあるカレーを作り上げました。

フランス料理はソースを大事にしていることから、ソースを作るようにカレーのルーを作っているのだとか。

メニューはフランスの地方を題材にしたものが多いのが特徴で、地方の特産品を使用しています。

だいすけお兄さんがよく注文するのは「牛肉と赤ワインのビーフカレー ブルゴーニュ風」。メニュー名だけではなく、写真からも「おしゃれそうだな~」と思って注文していたカレーなんだそう。

■「これはもう飛行機の中ですね!」脳内フランス旅行をしてしまう横山だいすけさん

料理が運ばれてくると、だいすけお兄さんが「懐かしい!」と顔をほころばせます。「ちゃんとうまくリハーサルできるかな。というドキドキ感を同時に思い出しました!」と、歌のお兄さん時代を懐かしんでいました。

料理は、お皿の上にはライスと素揚げしたゴロゴロと野菜が並んでいて、別のお皿に牛バラ肉の赤ワイン煮のルーがたっぷり入っています。

ランチのセットには、スープとコーヒーも付いてきて980円(税別)。

だいすけお兄さんの食べ方は、ルーを一気にかけてひたすら食べる方式。
「これはもう飛行機の中ですね!」あまりにおしゃれなカレーなので、脳内でフランス旅行を楽しんでいる模様。

「フランス行ってきます!」と早速一口食べると、目をつぶって体全体でカレーのおいしさを堪能するように「…うまい!」と一言。

「だしのおしゃれさ、お肉の甘みがギュッと詰まっているんですよ!でも、いやらしくない旨味。なんだろなって考えながら食べてたんですけど、コレはどういっただしなんですか?」と、ずっと疑問に思っていたことをシェフに質問していました。

この出汁の秘密は、フォンドボーという子牛のだし汁なんだとか。そのおかげでカレーに深いコクを感じられるそうです。
通常のカレーとはひと味違うフレンチ技法を取り入れたカレーの深みを感じたい方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

【店舗情報】
ビストロとサカバ TAKE
http://sakaba-take.com/shop/

(文:平山 亜梨紗)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2021 All Rights Reserved.