銀座ラ・トゥールと帝京大学が産学提携。クッキーなど糖質制限食品3種を4/7販売開始。

更新日:

フランス料理をベースに糖質制限食品を手掛ける株式会社銀座ラ・トゥール(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 総料理長:清水 忠明)と学校法人帝京大学経済学部(所在地:東京都八王子市)「低糖質食品共同研究チーム」(代表:経済学部長 廣田 功)は、「美食・健康・地域振興」をコンセプトとする糖質制限食品の共同研究開発に取り組んできた第一弾の成果として『ブルトン ジャム』・『ブルトン パン』・『ブルトン クッキー』(*)を、2015年4月7日(火)より同社ホームページにて販売を開始することを発表した。

img_59780_1

また、これに先立ち、2015年3月から同大学霞が関キャンパス屋上のスカイラウンジにて月1回程度のペースで、同大学主催による「糖質制限料理講習会」を開催。
フランス料理をベースに“家庭でできる糖質制限食”のレクチャーと試食を実施しており、次回は4月20日(月)に開催される。
これは、食事制限を余儀なくされている人に「美味しい糖質制限食品」を提供し、食べる楽しみを取り戻してもらうことを通じて社会貢献に繋げることを目的としている。

※『ブルトン』とは:
上記の共同開発に基づき同社が販売する糖質制限食品の総称。
今後は販売商品を順次増やしていく予定との事。

▼詳細:http://www.ginzalatour.com

【背景】
<「糖質制限食」ニーズと「美食学」の結合>
2014年における世界の糖尿病患者数は約4億人に上り、2035年には約6億人に及ぶとの統計(※)が出ている。肥満・糖尿病の原因が糖質によるとのレポートを受け、最近では糖質制限食品が数多く出ているが、美味しい糖質制限商品はまだ少ないのが現状である。

この現状を打開するために、以前から独自に美味しい糖質制限メニューの開発に取り組んできた同社と経済学部観光経営学科で外食産業経営や食文化・美食学の研究教育をおこなっている同大学は、2014年4月から美味しい糖質制限食品の共同研究・開発に着手。
「糖質」の少ない食材で美味しい食品を提供できれば、肥満や血糖値を気にしている人も安心して食べることができると考えてスタートした産学共同のプロジェクトである。

(※出典:国際糖尿病連合(IDF)「糖尿病アトラス第6版2014 UPDATE」)

【商品概要】
■ブルトン ジャム
100%長野産フルーツを使用し、生産から瓶詰まで長野にこだわったジャム。100g中の糖質を4.4g~7gに抑え(※「糖質」甘味料の糖質を除く)、糖質制限中でも安心して食べることができる。ヨーグルトや紅茶に入れても美味しく、『ブルトン パン』に塗って食べれば最高の組み合わせの糖質制限食となる。

img_59780_9 img_59780_10

・内容:3本セット(140g / 1瓶)
「イチゴ&ブラックペッパーのコンフィチュール」100g中の糖質 4.4g
「紅玉リンゴ&リュバーブのコンフィチュール」 100g中の糖質 6.7g
「シナノゴールド&サフランのコンフィチュール」100g中の糖質 7.0g

・価格:2,850円(税込)
・賞味期限:製造より1年
・保存方法:常温保存 (開封後要冷蔵)

img_59780_5

■ブルトン パン
主食の炭水化物を控える為に小麦粉を使わず大豆粉で作られている。大豆特有の匂いも少なく、糖質もわずか3.3g。フワフワした軟らかい食感で食事の邪魔にならず、サンドイッチにも最適。

・内容:1袋8個入り(35g / 1個)
「大豆全粒粉丸パン」直径約7cm 35g中の糖質3.3g

・価格:1,468円(税込)
・賞味期限:製造より3ヶ月
・保存方法:冷凍保存(-18℃)

img_59780_6

■ブルトン クッキー
6種類のクリームを挟んだココナッツクッキー。1個あたりの糖質はわずか1.8g~2.7gなので、小腹が空いた時や食後に甘い物が食べたい時にも安心して食べることができる。

・内容:ココナッツクッキー(40×70×厚さ30mm 11g×2枚、クリーム7g)
[1箱8個入り(各4個)] 2,376円(税込)
「白ワインクッキー」糖質1.9g / 1個
「赤ワインクッキー」糖質1.9g / 1個
img_59780_7

[1箱12個入り](各2個) 3,564円(税込)
「白ワインクッキー・赤ワインクッキー」糖質1.9g / 1個
「フランボワーズビネガークッキー」糖質1.8g / 1個
「バルサミコビネガークッキー」糖質2.0g / 1個
「スペイン産オレンジ蜂蜜クッキー」糖質2.7g / 1個
「バニラ紅茶クッキー」糖質1.9g / 1個
img_59780_8

・賞味期限:製造より6ヶ月
・保存方法:冷凍保存(-18℃)

【銀座ラ・トゥールについて】
2010年から糖質制限メニューに取り組んできたレストラン「銀座ラ・トゥール」は1年半前にクローズしており、現在はその糖質制限ノウハウを引き継ぎ、株式会社銀座ラ・トゥールとして、学校法人帝京大学と共に糖質制限に特化した事業を展開中。

▽帝京大学のコメント
http://www.atpress.ne.jp/releases/59780/att_59780_1.pdf
帝京大学経済学部部長・帝京大学低糖質食品共同研究代表 廣田 功

▽シェフ清水 忠明
http://www.ginzalatour.com
パリ本店の「トゥールダルジャン」の副料理長を務め、トゥールダルジャン日本進出に合わせ日本人料理長として本店より派遣され、そのキャリアは、パリ本店勤務も含め12年に亘る。
その後、1993年東京神楽坂に「ラ・トゥール」をオープンし独立。1999年には、少しカジュアルなベーカリーレストラン「ブルトン」をオープンさせ、その店の名前から今回の糖質制限シリーズの「ブルトン」をネーミングした。
ミシュランの初年度から星を獲得するなど「料理の鉄人」をはじめ、TV、マスコミに多数出演し、フランス料理界の発展に貢献し現在に至る。
img_59780_4

© GINZA LA TOUR
copyright (C) 2014 Teikyo University.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.