ヒルトン東京ベイ シェフの想いがつまったいちご尽くしのアフタヌーンティーを開催

投稿日:2020/12/16 11:52 更新日:

東京ディズニーリゾート(R)・オフィシャルホテル、ヒルトン東京ベイは2021年1月16日(土)より、バーラウンジ「silva(シルバ)」にてハートフルアフタヌーンティーセットを販売します。

今回のアフタヌーンティーは、シェフが真心を込めて贈る「Heartful(ハートフル)」がテーマ。愛する人に日頃の感謝を伝え、互いの気持ちを確かめ合うバレンタインデーやホワイトデーの季節に合わせて、チョコレートを使用したスイーツや、赤色やピンク色の美しいメニューがラインナップ。冬から春にかけて旬を迎えるストロベリーをふんだんに使用したスイーツも用意しました。

ダークチョコレートを使用した「ドライストロベリーチョコテリーヌ」は、一晩オーブンで焼き上げたドライストロベリーとピスタチオをのせた、なめらかで濃厚なチョコレートスイーツとなっています。

「ストロベリーモンブランシュークリーム」は、表面はカリッと香ばしく、中はふんわりとした生地に、白あんを練り込んだストロベリーのモンブランクリームを絞った上品な甘さのシュークリームとなっています。表面は、酸味のあるドライストロベリーとストロベリーチョコレートでコーティングし、1つで様々な苺の変化を楽しめる贅沢スイーツに仕上げました。

「フォアグラのキューブ ストロベリーバルサミコとローストアーモンド」は、毎回季節ごとにフォアグラと合わせる食材を変え、旬の味を楽しめるフォアグラのセイボリー。フォアグラの上にはグラッセした苺とバルサミコ酢を合わせ、さらに苺ジャムを加え、風味豊かに仕上げています。最後に振りかけたローストアーモンドは、食感のアクセントを楽しめるようになっています。苺と濃厚なフォアグラのバランスが絶妙なコンフィチュールは、苺の酸味がフォアグラのコクを引き立てるようになっています。

アフタヌーンティーのメニューとしては珍しい「一口サイズのカレーパン」は、外はサクサク、中はモチモチとしたドーナツ生地に、ひき肉たっぷりのカレーを挟みました。カレーにはガラムマサラなどのスパイスを使用しつつ甘めに仕上げているので、辛いものが苦手な人も楽しめるようになっています。

フリーフローの紅茶は、新鮮・純スリランカ産に徹底してこだわった、スリランカ(セイロン)で誕生した初のティーブランド「ディルマ」の茶葉10種類のセレクションを楽しめるようになっています。定番の紅茶のほか、フレーバーティーやハーブティーを用意。飲み物は好きなだけ注文できるので、好みの茶葉をスイーツやセイボリーと一緒に味わえるようになっています。

「Heartful Afternoon Tea(ハートフルアフタヌーンティー)」概要

名称  : 「Heartful Afternoon Tea(ハートフルアフタヌーンティー)」
会場  : ヒルトン東京ベイ ロビー階 バーラウンジ「silva(シルバ)」
期間  : 2021年1月16日(土)~2021年3月19日(金)
提供時間: 11:00~17:00(事前予約限定)
料金  : 3,500円
      ※コーヒー・紅茶付(フリーフロー)
      ※別途税金とサービス料がかかります。
予約 : TEL: 047-355-5000(代) レストラン部
      ※表記内容は変更になる場合もあります。予めご了承ください。
      ※仕入れ状況によりメニューは変わる場合があります。
      ※写真はイメージです。

「Heartful Afternoon Tea(ハートフルアフタヌーンティー)」メニュー


「ドライストロベリーチョコテリーヌ」
ダークチョコレートを使用したチョコテリーヌに、一晩オーブンで焼き上げたドライストロベリーとピスタチオをのせました。なめらかな口溶けと濃厚な味わいがたまらない、究極のチョコレートスイーツとなっています。

「苺のマカロン」
苺に見立てた可愛らしい一口マカロンとなっています。上に飾ったエディブルフラワーは感謝の気持ちや愛情を表現しています。苺のバタークリームがなめらかで、ほろっとほどけるような一品となっています。

「キャラメルとプラリネミルフィーユ」
キャラメリゼした香ばしいパイ生地に、キャラメルとカスタードを混ぜ合わせたなめらかなクリームを挟みました。クリームの間にサンドしたプラリネチョコレートのパリッとした食感と、深みのあるカカオの味わいを楽しめるようになっています。

「ストロベリーショートケーキ」
雪が降り積もる様子をイメージしたショートケーキとなっています。生クリームは、シェフが数十種類の中から厳選した2種類をブレンドし、ふわっと軽い口当たりを堪能できるようになっています。側面にはスライスストロベリーを飾り、どこから見てもかわいいケーキに仕上げました。

「ストロベリー&ヨーグルトチアシード」
ハチミツとチアシードを混ぜたヨーグルトにラズベリーソースをかけてストロベリーをトッピングしました。口いっぱいに広がるチアシードのプチプチとした食感と、ヨーグルトやソースの酸味が合わさったヘルシーなグラスデザートとなっています。

「ストロベリーモンブランシュークリーム」
表面はカリッと香ばしく、中はふんわりとした生地に、白あんを練り込んだストロベリーのモンブランクリームを絞った上品な甘さのシュークリーム。表面は酸味のあるドライストロベリーとチョコレートでコーティングし、1つで様々な苺の変化を楽しめる贅沢スイーツに仕上げました。

「ハートのラズベリームースと生チョコタルト」
ダークチョコレートのガナッシュにシリアルのザクザクとした食感を加えた生チョコタルトとなっています。ハート型のラズベリームースはさっぱりとした味わいで、ほろ苦く濃厚なチョコレートとの相性が抜群となっています。

「スコーン(プレーン/ストロベリー)」
ほんのり甘酸っぱい香りが広がるストロベリースコーンが登場。スコーンに合わせるのは、クレームドゥーブルのほか、ウイスキーに苺を一晩漬け込み、アルコールが苦手な人でも味わえるように香りだけを残した「苺とウイスキージャム」、ディルマのダージリンを使用し、牛乳と生クリームでじっくり煮詰めた「ダージリンミルクジャム」の2種を楽しめるようになっています。

「カリフラワーのパンナコッタ」
カリフラワー本来の優しい甘さを感じられる、舌触りなめらかなパンナコッタとなっています。ヘーゼルナッツクッキーのサクサク感と、その上に彩った紫芋チップスのカリカリとした食感も同時に楽しめるようになっています。

「鴨胸肉の自家製スモーク オレンジグラッセと赤キャベツのピクルス」
九州地方でよく知られている上品な味とコクが特徴のあごだしで鴨肉をマリネし、低温調理しています。仕上げにはハチミツとウーシャンスパイスでコクと香りを加えています。オレンジグラッセと赤キャベツのピクルスの甘味と酸味が鴨肉の素材の味を引き出してくれる一品となっています。

「帆立貝のポワレと白人参」
小さな帆立貝を塩気のあるパンチェッタで巻き、風味豊かに焼き上げています。添えている旬野菜の白人参は、甘さを引き出すようにピューレにしたものと、食感を出すためにカリカリのチップスにするという二通りの調理をしています。一緒に食べることで、甘味と塩味の奥深い味わいを堪能できるようになっています。

「一口サイズのカレーパン」
外はサクサク、中はモチモチとしたドーナツ生地に、ひき肉たっぷりのカレーを挟みました。カレーにはガラムマサラなどのスパイスを使用しつつ甘めに仕上げているので、辛いものが苦手な人も味わえるようになっています。

「フォアグラのキューブ ストロベリーバルサミコとローストアーモンド」
季節に合わせたアレンジで、旬の味を楽しめるフォアグラのセイボリー。フォアグラの上には、グラッセした苺にバルサミコ酢を入れた後、苺の風味を出すために苺ジャムを加えています。最後に振りかけたローストアーモンドは、食感のアクセントを楽しめるようになっています。苺と濃厚なフォアグラのバランスが絶妙なコンフィチュールは、苺の酸味がフォアグラのコクを引き立てるようになっています。

「旬野菜 絹豆腐のアイオリソースで」
色とりどりの旬野菜は、時間をかけてニンニクの旨味のみを抽出した特製アイオリソースで。ヘルシーでなめらかな仕上がりになるよう、アイオリソースのベースには絹豆腐を使用しています。

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2021 All Rights Reserved.