伝説のラーメン店「なんでんかんでん」が2日間限定で復活。明治神宮野球場マラソンイベントに出店。

公開日: ニュース, ラーメン, 関東

福岡しっとうとマラソン実行委員会が2016年12月17日(土)・18日(日)に開催するマラソンイベント『福岡しっとうとマラソン』にて、2012年に惜しまれながら閉店をした伝説のラーメン店「なんでんかんでん」が、福岡しっとうとマラソンバージョンで2日間限定の復活をする。

s_img_116490_1

また、福岡・博多で職人が手掛ける本場の味を提供するとんこつラーメン店「博多一幸舎」の出店も決定し、“新旧ラーメン”対決が実現する。

『福岡しっとうとマラソン』は、明治神宮野球場を走ったあとに福岡グルメが堪能できるマラソンイベントで、明治神宮野球場内外の1周1.25kmのコースを走る。種目は「1.25kmファンラン」「10kmラン」「リレーマラソン」の3種類を用意している。
マラソン参加者には、福岡堪能グルメチケット(1,600円相当 ※1)をプレゼント。走った後はチケットを使って、もつ鍋、やきとり、ひとくち餃子などの福岡ご当地グルメを味わうことができる(※2)。さらに、球場内には福岡・博多をモチーフにした屋台ブースを設置。まるで福岡にいるかのような雰囲気の中で福岡のご当地グルメを堪能することができるようになっている。
※1 小学生以下は800円相当。
※2 一部、配布したチケットでは交換できないグルメあり。

2012年に惜しまれながら25年間の歴史に幕を閉じた伝説のラーメン店「なんでんかんでん」が福岡しっとうとマラソンに2日間限定で出店する。「なんでんかんでん」は、全国にとんこつラーメンブームを巻き起こした大行列店で、今回2日間限定で復活する。

なんでんかんでん社長も参戦

s_img_116490_4
また、今回出店するとんこつラーメン店「博多一幸舎」は、昔ながらの博多豚骨ラーメンの良さを残しつつ、どこにも属さないことに拘ったスープが特長。博多の歴史・文化を知った職人によって、2つの羽釜を駆使した呼び戻し製法で作られている。熟練した職人にしか作れないそのスープには脂泡が生まれ、博多では元祖泡系と言われている。海外でも35店舗を展開し博多の文化を世界中へ伝えている。
s_img_116490_2
申込と詳細は下記サイト
http://shittouto.jp

進化系パフェ専門店「ザ・パフェスタンド」、喉越し爽やかな「飲むパフェ」が登場。

株式会社BAKEが運営をする、パフェ専門店「THE PARFAIT STAND」は、2018年4月2

記事を読む

タリーズ、紅茶メニューを拡充したショップ「&TEA」が六本木にオープン。

タリーズコーヒージャパン株式会社は、「タリーズコーヒー &TEA六本木一丁目店」を5月1日(

記事を読む

ヒルトン東京、”大正ロマン”を思わせるレトロ可愛いデザートフェアを開催。

ヒルトン東京1階「マーブルラウンジ」では、6月1日(金)より 9月30日(日)までの期間、『ジャポニ

記事を読む

日本発、大人向け紅茶専門ティースタンド「comma tea」1号店がオープン。

株式会社ティーカンパニーは2018年5月1日(火)に「comma tea(コンマティー)」の1号店を

記事を読む







  • 提携メディア: LINEニュース smartnews
    Totopi



PAGE TOP ↑