“うまいすし”を自宅で スシロー デリバリー限定メニューに“どんぶり”が初登場

投稿日:2021/02/22 15:47 更新日:

株式会社あきんどスシローは、昨今の飲食シーンにおいて多くの生活者の中で中食(なかしょく)を中心とした“新しい生活様式”が定着していることを踏まえ、テイクアウト事業にも力を入れて取り組んでいます。自宅で過ごす人が増えている中、スシローではデリバリーの商品ラインアップを強化し、デリバリー限定で新たに“どんぶり”メニューの販売を本日より開始します。

現在、世の中の状況が劇的に変化し、飲食シーンにおいて外食の在り方が変わる中で、スシローでは“うまいすし”を自宅でも気軽に楽しんでもらうために、テイクアウト事業の強化に努めています。具体的なテイクアウトの取り組みとして、全店におけるテイクアウト対応、インターネットによる注文受付のほか、一部店舗にて『自動土産ロッカー』の導入を進めています。その中でも、テイクアウト事業の大きな柱としてデリバリーサービスの強化を行っており、現在「UberEats」や「出前館」、「DiDiFood」を導入し、様々なエリアでスシローのおすしをデリバリーでも味わえるようになっています。

これまでスシローでは、「スシローセット」や「定番にぎりセット」などのおすしセットメニュー以外にも、月に2回実施しているフェア商品のセットメニューや「焼き鯖明太押し寿司」などの期間限定商品もデリバリーメニューに追加してきましたが、もっとスシロー自慢のネタを自宅でも楽しんでもらいたいという想いを込めて、今回新たにバリエーション豊かなどんぶりのメニューを追加し、デリバリー限定のラインアップを増量します。

“どんぶり”のメニューは、スシローで不動の人気ナンバーワンのまぐろやねぎとろを乗せた「まぐろてんこ盛り丼」1,180円(税込)、まぐろやいくら、かに本身などの人気ネタを集結させた「10種の海鮮丼」980円(税込)、たっぷりのいくらとかにが乗った「かにいくら丼」1,280円(税込)など、合計で5種類の“どんぶり”メニューが登場します。さらに、スシローの“どんぶり”の容器はネタとしゃりが分かれているセパレートタイプを採用しているため、しゃりをレンジで人肌程度に温めることでよりおいしく味わうことができるようになっています。

デリバリー限定「どんぶり」メニュー


商品名:「まぐろてんこ盛り丼」
価 格:1,180円(税込)
発売日:2月22日(月)~


商品名:「10種の海鮮丼」
価 格:980円(税込)
発売日:2月22日(月)~


商品名:「まぐろサーモン丼」
価 格:880円(税込)
発売日:2月22日(月)~


商品名:「かにいくら丼」
価 格:1,280円(税込)
発売日:2月22日(月)~


商品名:「海鮮丼」
価 格:780円(税込)
発売日:2月22日(月)~

※容器代を含んだ価格となります。
※写真はイメージです。
※仕入状況・販売状況により、セット内容・トッピングが変更になる場合があります。
※当日販売分完売次第、終了となります。
※一部店舗では、価格が異なります。

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2021 All Rights Reserved.