岩崎本舗、創業50周年を記念し「角煮まんじゅうを食べてギネス世界記録(R)に挑戦」イベントを開催。

更新日:

岩崎本舗(本社:長崎県西彼杵郡、代表取締役:岩崎 栄司)は、創業50周年の記念イベントとして、2015年4月26日(日)、長崎県立総合運動公園陸上競技場にて「角煮まんじゅうを食べてギネス世界記録(R)に挑戦」を開催することを発表した。
同イベントは当日行われるサッカーJ2リーグ第9節「V・ファーレン長崎 VS 大分トリニータ」の試合前に行われる。

ギネス挑戦_プレスリリース改

挑戦内容は「リレー形式で食べさせあった最多人数(Longest relay of people feeding each other)」と言うもので、これまでの記録は2014年11月に壱岐牛で挑戦した「555名」となっている。
今回は同店の角煮まんじゅうを4等分したものを使用し、記録の更新に挑戦する。

開催にあたり、同イベントでは参加者を募集している。
4月26日(日)午前8時30分~午前9時に来場した中学生以上を対象とし、最大999名で挑戦を行う予定。
参加者には、当日の試合観戦チケットと「角煮まんじゅう1個」の引換券が進呈される。

【イベント概要】
■イベント名:角煮まんじゅうを食べてギネス世界記録(R)に挑戦
■開催日:2015年4月26日(日)
■開催場所:長崎県立総合運動公園陸上競技場
■住所:長崎県諫早市宇都町27-1
■開催時間:受付・入場開始8:30~/挑戦開始9:20~予定
■対象者:中学生以上
■参加費用:無料
■参加特典:当日の試合観戦チケット・「角煮まんじゅう1個」引換券
■問合せ:0957-43-2095(V・ファーレン長崎)

ギネス挑戦_プレスリリース改

【岩崎本舗の角煮まんじゅうについて】
長崎独得の卓袱料理(しっぽくりょうり)。そのフルコースのなかの一品である東坡肉(とんぽうろう)を、当店の初代、岩崎 博孝が「もっと手軽に」「よりおいしく」と願い、“長崎角煮まんじゅう”の名で誕生させた。

豚肉は、「餌、水などが良い環境であること」「衛生面や安全性に優れていること」「同店専用の豚バラ肉を生産してくれること」同社の求めるすべてをかなえたチリの「アンデス高原豚」を使用。
化学調味料を使わず、丹念に時間をかけて「だし」のうま味をしみこませた角煮を、ふわふわの皮に挟み込んでいる。

第28回(1997年)長崎県特産品新作展で最優秀賞を受賞。

※すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。
※ギネス世界記録(R)はギネスワールドレコーズリミテッドの登録商標です。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.