ブリオッシュ・コン・ジェラートの専門店「Brigela(ブリジェラ)」1号店が清澄白河に5/3オープン。

更新日:

株式会社エッジ(本社:東京都千代田区、代表取締役:田中 新一郎)は、日本初となるブリオッシュ・コン・ジェラート専門店『Brigela(ブリジェラ)』を、サードウェーブコーヒー『ブルーボトルコーヒー』出店で話題の清澄白河に5月3日にオープンすることを発表した。
d13576-1-216889-1

同店は、本物の美味しさにこだわったジェラート専門店である。
“本物”にこだわり、イタリアの老舗ジェラート店で6年間修行した女性ジェラート職人が、本場イタリアから輸入したジェラート製造機を使って毎日手作りする安心・安全なジェラートを提供する。
フレーバーは素材にこだわった定番10種類と、毎朝農家から届く季節の果物をふんだんに使った6種類、合わせて16種類。旬の完熟フルーツを使用するため、その時にしか味わえない貴重なフレーバーと出会うことができる。
d13576-1-415962-4

また、同店は、こだわりのジェラートと最もリッチなパンと言われるブリオッシュを合わせた食べ物「ブリオッシュ・コン・ジェラート(ブリジェラ)」の専門店でもある。オリジナルのブリオッシュは、ジェラートの美味しさを最大限に引き出すため、クロワッサンドーナツで人気の『アンジェリーク東京』との共同開発を行った。

今後は2号店・3号店のオープンも予定しており、フレーバーも野菜ジェラートなど種類を増やしていく予定との事。
d13576-1-492306-3

【「ブリオッシュ・コン・ジェラート(ブリジェラ)」とは】
ブリオッシュは一般的なパンとは異なり、水の代わりに牛乳を加え、バターと卵を多く使った口当たりの軽い発酵パンの一種で、最高級パンと言われている。マリー・アントワネットが「パンが食べられないならお菓子を食べればよいのに」と言った“お菓子”こそがブリオッシュである。

バターと卵を贅沢に使用したパン生地のブリオッシュに無添加のジェラートを挟んで食べるのは、イタリアのシチリア島では有名なスタイルで、現地ではスイーツしてはもちろん、朝食・昼食メニューとしても愛されている。
イタリアには約35,000軒ものジェラート店があり、16世紀から愛され続けている。イタリア人がジェラートを選ぶ条件として、①手作りであること(大量な工場生産ではなく自店のジェラート工房があること)、②新鮮な季節の素材を使っている、③なめらかな食感、この3つが挙げられる。

ジェラートはアイスクリームに比べ脂肪分が少なく低カロリー。旬の完熟フルーツなどたっぷりの新鮮果物と上質のミルクを使用するので栄養価が高く、女性に嬉しい栄養素であるカルシウムやビタミンが沢山含まれており、肌や体にもよいと言われている。

温かいブリオッシュに冷たいジェラートをたっぷり挟んで食べるというのは、今まで日本には無かった新しいスイーツの食べ方である。
同店では、アイスクリームではなく低カロリーなジェラートだからこそできる、食事としても食べられるスイーツを提供していきたいとしている。
d13576-1-606493-2

【『Brigela(ブリジェラ)』店舗情報】
■営業時間:10時30分~19時30分(年中無休)
■住所:〒135-0022 東京都江東区三好2-1-6 ゴッドヴィレ1階
■電話:03-5809-8436
■Facebookページ:https://www.facebook.com/gelato.brigela

d13576-1-107586-0 d13576-1-556457-5

© 2015 Brigela.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.