ミニストップ「カフェラテソフト」を6/5より国内全店で販売開始。ブラジル産深煎り珈琲豆100%使用。

更新日:

ミニストップ株式会社(本部:千葉県千葉市 代表取締役社長:宮下 直行)は、 2015年の夏ソフトとして、原料にこだわった「カフェラテソフトを、2015年5月29日(金)より順次(※1)、国内のミニストップ(2015年4月末現在:2,153店舗)にて発売することを発表した。

(※1):2015年6月5日(金)より国内のミニストップ全店で発売開始。

img_61726_1

同社では、2015年より本格的な味わいのソフトクリームを発売している。 2月には付加価値をつけた「プレミアムベルギーチョコソフト」、4月からは苺のもつ甘酸っぱさを表現した「あまおう苺ソフト」を発売し、ともに販売計画を上回る売れ行きを見せている。

今夏発売するのは、本格的な珈琲専門店が提供するソフトクリームの味わいをイメージしたカフェラテソフトで、北海道産の生クリームやブラジル産の深煎り珈琲豆を100%使用するなど、原料にこだわっている。
同社ではこれまで7品の珈琲系ソフトクリームを発売しているが、カフェラテソフトは初めてのフレーバーとなる。
過去の珈琲系ソフトクリームは男性をメインターゲットにしていたため、甘さ控えめな味わいが特長であった。しかし昨今、女性だけでなく男性の客や若年層にミルク系のメニューを求める傾向が増えてきていることや、またスイーツがもつ甘さやミルクのコクを求める利用客が増えてきていることから、乳や豆にこだわったソフトクリームを発売するとしている。

【商品情報】
[カフェラテソフト]
img_61726_2
[カフェラテミックスソフト]
img_61726_3

■価格:各220円
■発売日:2015年5月29日(金)より順次発売開始
※6月5日(金)より全店発売開始
※上記期間中に、現在発売中の「あまおう苺ソフト」と切り替え。
■エネルギー:カフェラテソフト・カフェラテミックスソフトとも182kcal

■特長:
本格的な珈琲専門店が提供するソフトクリームをイメージし、珈琲とミルクのバランスにこだわり、ミルクと相性の良い深煎り珈琲豆を使用。
深煎り焙煎されたブラジル産珈琲豆を100%使用したエスプレッソに、北海道産の生クリーム、北海道産原料を使用したミルクソース(※2)を加えることで、深い苦味がありながらもミルクのまろやかさを感じることができるソフトクリームとなっている。
「カフェラテソフト」はラテを、「ソフトクリーム バニラ」とあわせた「カフェラテミックスソフト」はたっぷりのミルク感があるリッチな味わいが楽しめる。

(※2)ミルクソース:加糖練乳、砂糖、クリームをじっくり加熱したキャラメルのような原料。

Copyright © MINISTOP.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.