第7回オリーヴの森感謝祭、オリーブオイル料理の腕を競う「オリーヴグルメフェスタ in 小豆島」の出店者が決定。徳島・名古屋・東京などから24店が集結。

更新日:

「オリーブの楽しみ方をもっともっとたくさんの方々に広げたい」、そんな想いを込めて、この秋「第7回オリーヴの森感謝祭」が開催される。

今年のメインイベントは、オリーブオイルを使ったさまざまな料理を提供する出店者が集う、食の祭典。香川県内をはじめ、徳島・名古屋・東京からの出店もあり、その数なんと24店。料理の引き出しをたくさん持っている個人の方からイタリア料理専門店まで、多彩なお店が集まり、腕を競う。この秋は、オリーブで食欲がますます高まる予感だ。

■日時:2014年10月19日(日)10:00~15:30
■会場:小豆島・オリーヴの森 木香の浜

 

●人気投票も行う、グルメコンテストでもある。
全店で使用されるのは、青い香りとさわやかな辛味が特長のエキストラヴァージンオリーブオイル(オーストラリア産)。当社のオリーブオイルソムリエが厳選した人気商品。これを活かしたさまざまな料理が登場する。来場者の人気投票で上位3位までに、賞金と表彰も授与される。B級ではないS級のオリーブ料理を堪能できる。

●あの名古屋の名店「矢場とん」、そして多彩なお店が小豆島に集合。
みそかつで人気の「矢場とん」はイベント初出店。もちろん、オリーブオイルを使ったこのイベント限定のメニューを鋭意検討中。その他には、スペインの家庭料理の定番「アヒージョ」から、オリーブ牛を使用したハンバーガーや鶏塩らーめん、世界を旅する台所研究家の新鮮レシピなどが、オリーブオイル料理の多様性や彩りを広げていく。

●小豆島のオリーブの森に集う、魅力多彩な24店。(※順不同)
●たこのまくら(小豆島):ベジタコライス(島の魚介・野菜・特産品使用)●BLUE BEAT BLAND CAFÉ(小豆島):オリーブ牛ハンバーガー(もろみソース)●讃岐食堂(高松市):牛タン鉄板焼オリーブソース●高橋農園(丸亀市):さぬきアヒージョ(香川県産にんにく・本鷹・アスパラ、エビ)●シンがー(高松市):讃州とりめしカレー●百とら(高松市):オリーブオイルで揚げるたこから揚げ●げんきや舷喜屋(高松市):から揚げ(ミックス、砂ズリ、鶏皮)●568コロ家(綾歌郡):讃岐肉まんコロッケ●映画「アヒージョ!」制作委員会(高松市):アヒージョと焼きおにぎり●WABI・SABI ロッソビアンコ(高松市):オリーブ牛とさぬき夢豚使用のイタリア風タコスうどん●アジア麺あまくま屋(徳島県):オリーブオイルが香る阿波鶏しおらぁ麺●旅人キッチン・中村優(東京):世界のおばあちゃんのつまみ●播州鉄板串焼き 中々(姫路市:)姫路和牛などの串焼き●スペイン料理高松 天の川(高松市):フィデウア(パスタのパエリア)●たこ焼き たこず(木田郡):塩レモンたこ焼き●トラットリア ラ フレスカ(さぬき市):オリーブおでん●バルやけん HIDETOU(高松市):香川県産魚介の温製スープ●Cassia Bonita(三豊市):イタリアンつけパン●ぷっこちゅ(高松市):オリーブつけナポリタン●Passo(東かがわ市):東かがわ産フレッシュハーブと炭火地鶏のスパゲッティ●志満秀(高松市):オリーブオイルで揚げたえび菓子
【特別出店(コンテスト対象外)】 ●矢場とん(名古屋)

 

●樹齢200年のオリーブを使ったアートパフォーマンスも。
小豆島の迷路の町でアート事業を展開しているMeiPAM(メイパム)が招聘するのは、高松在住のイタリア人彫刻家ルカ・ローマ氏。古木や流木を使った日本各地でのワークショップには定評があり、今回は、樹齢200年のチュニジアのオリーブに挑戦。独特な表情をもつオリーブの樹がどんなアートに変貌するかに期待したい。

ルカ・ローマ氏(イタリア人彫刻家)
2003年より 高松市牟礼町にアトリエを構え、県内外で活躍。
同年、香川県展にて外国人として初の県知事賞を受賞。

 

●その他楽しい企画も実施
中国語でオリーブを意味する「橄欖」の勇壮な太鼓ライブ、土庄高校のブラスバンド演奏、参加者全員での風船飛ばし、オリーブ葉を使った餅投げ、オリーブ商品の販売なども行う。

※すべての商標は、各々の所有者の商標または商標登録です。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.