なか卯、薬味と出汁で三度おいしい「うなまぶし」を6月3日より販売開始。

更新日:

株式会社なか卯(代表取締役社長:長谷川龍哉 本社:東京都港区)が展開する丼ぶりと京風うどんの「なか卯」では、6月3日(水)から「うなまぶし」を全国の店舗にて販売開始することを発表した。

20150527_unamabushi

なか卯で使用しているうなぎは、じっくりと焼いてから蒸し上げ、特製ダレで付け焼きを3度繰り返し、香ばしくふっくらとした食感の蒲焼で、「うなまぶし」は、そのこだわりのうなぎを、薬味やお出汁でひつまぶし風に楽しむことができる「なか卯」ならではの商品となっている。

薬味には北海道産山わさびと青ネギ、ぶぶあられ、きざみ海苔を、お出汁には なか卯自慢の和風出汁を用意。こだわり卵の錦糸卵と三つ葉を添えることで彩も華やかとなっている。
まずはそのまま食べ、次に薬味を乗せて味の変化を、最後に出汁をかけてお茶漬け風にさらさらと楽しめるようになっている。

うなまぶし 890円
特うなまぶし 1,290円
うな重 790円
特うな重 1,190円

※導入予定店舗数 476店舗(5月27日時点)
※「うな重」単品あり。
※「うなまぶし」は、持ち帰り不可。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.