モスバーガー「金山寺味噌マヨチキンバーガー」「モスライスバーガー金山寺味噌マヨチキン」を静岡限定発売

投稿日:2022/02/13 13:44 更新日:

モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービス(代表取締役社長:中村 栄輔、本社:東京都品川区)では、2022年2月17日(木)から、静岡県内のモスバーガー全38店舗にて、静岡第一テレビ『まるごと』と共同開発した新商品「金山寺味噌マヨチキンバーガー」「モスライスバーガー金山寺味噌マヨチキン」を地域・数量限定で新発売します。また、2020年に販売し、好評だった「まぜるシェイク 三ヶ日みかん」も復活販売します。

静岡県の隠れた名産“金山寺味噌”を使った新商品!

今回の商品は、静岡第一テレビの番組『まるごと』とのコラボ企画として開発をした新商品です。
静岡第一テレビとの共同開発は、2019年から始まり今年で4回目を迎え、いずれも静岡県にちなんだ食材で魅力ある商品を販売してきました。今回は、静岡の隠れた名産である『金山寺味噌』を使用した商品です。『金山寺味噌』は、鎌倉時代に中国から伝わったとされる歴史ある味噌で、静岡県、和歌山県、千葉県などの地域で郷土料理として親しまれ、ごはんのお供やお酒の肴に、そのまま食べる『おかず味噌』の代表格で『なめ味噌』の一種です。お茶の産地である静岡県では、お茶摘みの繁忙期におにぎりに付けて食べていた、ともいわれています。近年『金山寺味噌』の生産も減少する傾向にあり、今回のコラボ企画で、地域産業の活性化および県内モスバーガー店舗の地域密着活動を盛り上げていきます。
新商品には、静岡県内で300年にわたって味噌づくりを行ってきたカネジュウ食品株式会社(静岡県焼津市)の『金山寺味噌』を使用しています。カネジュウ食品株式会社の『金山寺味噌』は、小麦と大豆を粒のまま麹にし、伝統製法にこだわって自然のままで発酵・熟成させており、化学調味料を使わず仕上げたまろやかな味わいが特長です※。
※カネジュウ食品株式会社HPより(https://kanejyu.com/product/kinzanzi/

また、静岡第一テレビとの共同開発第2弾として、2020年に地域・数量限定で販売し、大変好評だった静岡県三ヶ日地区の『三ヶ日みかん』を使用した「まぜるシェイク 三ヶ日みかん」も合わせて復活販売します。

●「金山寺味噌マヨチキンバーガー」(430円)

鶏のもも肉(一枚肉)を使ったテリヤキチキンにテリヤキチキンソースと、カネジュウ食品の『金山寺味噌』とマヨネーズタイプを合わせたモスオリジナルの金山寺ソースをのせて、直火でこんがりと焼き色をつけます。下バンズにグリーンリーフと焼き上げたテリヤキチキンをのせ、食感のアクセントとして細切りにした長ねぎをのせてバンズで挟みました。ジューシーなテリヤキチキンに、金山寺ソースが直火で炙られ香ばしく風味豊かに仕上げています。若い方にも食べやすいハンバーガーです。

●「モスライスバーガー金山寺味噌マヨチキン」(460円)

バンズの代わりにライスプレート(お米)で具材をはさみました。おかず味噌ともいわれている『金山寺味噌』はご飯のお供として食され、ジューシーなテリヤキチキンに金山寺ソースを合わせて直火で焼き上げた具材は、お米との相性も抜群です。

●「まぜるシェイク 三ヶ日みかん」(Sサイズ310円、Mサイズ380円)

バランスのとれた甘みと酸味が特長の静岡県三ヶ日町産の温州みかんを使用した三ヶ日みかんソースに、バニラシェイクを合わせました。よく混ぜることで、みかんの優しい甘みとさわやかな酸味の広がりが楽しめます。
*ソースに静岡県産三ケ日みかんを使用し、7倍濃縮果汁1.1%です。
 *はちみつを使用しています。

<新商品概要>

■商品名・価格 :「金山寺味噌マヨチキンバーガー」(430円)
         「モスライスバーガー金山寺味噌マヨチキン」(460円)
         「まぜるシェイク 三ヶ日みかん」(Sサイズ310円、Mサイズ380円)
          *ソースに静岡県産三ケ日みかんを使用し、7倍濃縮果汁1.1%です。
          *はちみつを使用しています。
■販売期間   : 2022年2月17日(木)~ *数量限定(なくなり次第終了)
■販売店舗   : 静岡県のモスバーガー全38店舗

同チェーンでは、全国一律ではない地域発信の商品開発を強化しています。

*表示の価格はすべて税込です。

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2022 All Rights Reserved.