神戸牛の乾燥熟成肉を鉄板焼きで提供する「THE MIYACHI」東京・銀座に11/25オープン。

更新日:

黒毛和牛一頭買焼肉「醍醐」や、超熟成黒毛和牛鉄板焼 「宮地」などを展開する株式会社ダイゴインターナショナル(本社:東京都港区、代表取締役:尹 伸文)は、東京・銀座にて日本の食文化を発信していくことを目的に、世界に誇るブランド「神戸牛」の乾燥熟成肉を使用した東京初の熟成神戸牛鉄板焼『THE MIYACHI』(ザ・ミヤチ)を、11月25日にオープンすることを発表した。

d16450-1-984224-1

同店では、同社の「付加価値をつける努力」のもと、2020年の東京オリンピック開催も視野に、外国人旅行者や増加しているヘルシー志向の消費者に対し、コースで提供するすべての肉料理に60日間熟成させた「神戸牛」の乾燥熟成肉(ドライエイジングビーフ)を使用。世界に誇る「神戸牛」をフルサービスの鉄板焼で提供する、日本の新しい食文化を発信するとしている。

【熟成させた神戸牛は香りが違う】
熟成肉とは、一般的に牛肉のたんぱく質を牛肉自身の酵素によって分解させたもので、熟成させることにより水分が抜けて柔らかい肉に仕上がり、赤身の多い肉ほど熟成に向いていると言われている。

熟成肉には乾燥熟成(ドライエイジング)と真空包装内熟成(ウェットエイジング)の2種類がある。手間とコストがはかかるが、従来より赤身肉になじみがある外国人や、昨今の赤身肉人気という時代のニーズに合わせ、同社では乾燥熟成を採用。筋肉のもつ味と脂肪の香りが微妙に溶け合い、まるでナッツのような香がするという。

d16450-1-875192-2

【赤身熟成肉ブームの背景】
赤身熟成肉がブームになった一因としては、現代におけるヘルシー志向者の増加にあるという。
赤身肉は脂肪が少なく脂肪燃焼をサポートするL-カルニチンという成分や鉄分を多く含み、血液中に含まれるヘモグロビンの合成をサポートするB12の含有量も多いことからダイエットに効果的とされているほか、コレステロールを下げる働きがあるといわれているオレイン酸が多く含まれている点もブームの背景となっている。

d16450-1-766815-8

【神戸牛の定義】
兵庫県北部の但馬地方から淡路島まで、兵庫県内で生まれ育った「兵庫県産 但馬牛(たじまうし)」の中から、厳しい規定を通った牛が「神戸肉」または「神戸ビーフ」といわれ、一般的には「神戸牛」で浸透している。

昨今では、米メディアが選んだ「世界で最も高級な9種類の食べ物」の一つに選出され、海外で和牛といえば神戸牛というほど知られており、まさに世界に誇るブランドとなっている。

【世界に誇る「神戸牛」をフルサービスの鉄板焼で提供する新たなスタイル】
同店では、店舗内に設置する熟成庫で仕上げをした乾燥熟成肉を、コースで提供するすべてのメニューに使用。野菜も無農薬野菜を中心に旬のものを取り入れ、サラダや焼野菜で提供する。

また鉄板とカウンターの間にエアカーテンを設置し、煙を客席側にシャットアウト。服や髪の毛に臭いが移らないような最新の設備も完備されており、外国人旅行者や特別な日の利用も可能となっている。

d16450-1-635351-9

【熟成神戸牛鉄板焼コース】
■ランチコース 8,000円(全8品)
■ディナーコース 30,000円(全15品)
※税・サービス料込み。

<ディナーコース(一例)>
・熟成神戸牛サーロインステーキ
d16450-1-379769-6

・熟成神戸牛の炙り寿司
d16450-1-748064-3

・熟成神戸牛ハンバーグ フォアグラ乗せ
d16450-1-877214-4

【店舗詳細】
◆店舗名:熟成神戸牛鉄板焼 『THE MIYACHI』(ザ・ミヤチ)
◆住所 :東京都中央区銀座8-3-1GINZA TOKIDEN 8階
◆電話:03-6264-5699
◆営業時間(入店まで):
月曜~金曜 11:30~14:00、18:00~21:00
土日祝 11:30~15:00、18:00~21:00
◆定休日:年末年始
◆店 舗:カウンター13席・個室1(6席)
◆想定客単価:40,000円

d16450-1-611293-0

Copyright(C)2010 Daigo.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.