限定品などのブラックサンダー6種を展開する義理チョコのお返し専門店が東京駅に期間限定オープン。

更新日:

「ブラックサンダー」を製造・販売する有楽製菓株式会社(本社:東京都小平市、代表取締役社:河合伴治)は、2月17日(水)から3月14日(月)まで、東京駅一番街 「東京おかしランド」イベントスペースにて、国内初の義理チョコのお返し専門店「白黒つけない義理のお返しショップ」をオープンすることを発表した。

b8

義理チョコ文化を応援する同社では 2014年から義理チョコ専門店「義理チョコショップ(※1)」を展開する中で、「義理チョコのお返しに特化したショップが見当たらない」ことに着目。毎年限定商品を用意するなど義理チョコショップで培ってきた義理チョコ商品開発やショップ運営のノウハウを活かして、義理チョコのお返しに悩む人に向けて最適な商品を取り揃えた、義理チョコショップと対となる「義理のお返しショップ」出店の構想をあたためてきたという。

販売する商品は「義理チョコのお返しって何をあげたらいいのか迷う」「義理のお返しであっても
白黒(本命・義理)をはっきりさせずにお返しすることで、来年も白黒問わずどちらかでもチョコをもらえるように」という男性心理から、「白黒つけないお返しに」をキャッチフレーズに、義理チョコのお返しに最適な6種類のブラックサンダー関連商品をラインナップ。
手軽なお返しに最適な「白黒ちびサンダーのアソート」、かばんに忍ばせておきやすい「白黒サンダー板チョコ」の他、ホワイトデーの新たな定番商品化を目指す「白いブラックサンダー」、超限定商品「白いブラックサンダー大」などが登場する。

(※1)義理チョコショップ:
同社が2014年から義理チョコ文化の応援をコンセプトに東京おかしランドに出店しているバレンタイン期間限定ショップ。今年は1月14日~2月14日までオープンし、連日完売している限定品を含む全8種類のブラックサンダー関連商品を販売。

【「お返しショップ」店舗概要】
・イベント期間:2月17日(水)~3月14日(月) 午前9時〜午後9時
・場所:東京駅一番街地下1階「東京おかしランド」イベントスペース
(JR 東京駅八重洲地下中央口改札出てすぐ)
・販売商品:同店舗限定品を含むブラックサンダー関連商品 全6種類

b2

【「お返しショップ」商品ラインナップ】(全6種類)
1. 白いブラックサンダー
ココアクッキーとプレーンビスケットをホワイトチョコレートでコーティングしたチョコバー。
「ブラックサンダー」の北海道土産版として大人気。
・定価:600円(税別)
・内容量:12袋
・発売地域:義理チョコショップの他、新千歳空港の一部売店等で販売中。
b4

2.白黒ちびサンダーのアソート(限定商品)
食べやすいひとくちサイズの個包装のチョコクランチがアソートになった商品。ミルクチョコ味・ホワイトチョコ味の2つの味が楽しめる。
・定価:400円(税別)
・内容量:ミルクチョコ味6個、ホワイトチョコ味6個
・発売地域:お返しショップ限定販売品
b7

3.白黒サンダー板チョコ(限定商品)
サンダーシリーズ初の板チョコ。ホワイトチョコレート(白)とチョコクランチ(黒)が2層になった食べごたえ抜群の一品。
・定価:500円(税別)
・内容量:1枚
・発売地域:お返しショップ限定販売品
b6jpg

4.白いブラックサンダー大(超限定商品)
1日20個限定、1人につき1本まで。重量は通常品の約31倍!見た目のインパクトを持たせた特別商品。
・定価:1,000円(税別)
・内容量:1本。
・発売地域:お返しショップ限定販売品
・整理券配布(予定):①13:00~(10個) ②17:00~(10個)
b5

5.ブラックサンダー(ボール売り)
箱売りのブラックサンダー。義理チョコでブラックサンダーをくれた相手へのお返しに。
・定価:600円(税別)
・内容量:20本
・発売地域:義理チョコショップのほか、一部コンビニエンスストアやスーパーマーケットにて販売。
b1

6.東京サンダー
・商品概要:雷おこしの老舗『常盤堂雷おこし本舗』の協力により開発された商品。「雷おこし種(パフ)」を投入し、黒糖風味にした和風テイストの東京土産品。
・定価:700円(税別)
・内容量:220g(110g×2袋) ※個装紙込み
・発売地域:義理チョコショップの他、首都圏NEWDAYSの一部店舗、羽田・成田空港一部店舗、楽天市場にて販売。
b3

©2016 YURAKU CONFECTIONERY CO.,LTD.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.