吉野家、幻のメニュー「松茸牛丼」が五十数年振りに復活。

更新日:

株式会社吉野家(本社:東京都中央区、以下吉野家)は、2016年9月15日(木)11時30分より全国の「吉野家」店舗にて、期間限定・食数限定で「松茸牛丼」を販売することを発表した。

d12804-35-516654-0

「松茸牛丼」は、秋の味覚の代表である“松茸”を牛丼のタレで煮て、牛丼の上に盛りつけた商品で、吉野家がまだ、築地市場にしか店がなかった頃、市場で松茸の初セリがあった際に販売していたこと
があったとのこと。長年「築地一号店」愛顧の感謝の意を込めて今年、五十数年振りに復活する。

松茸の芳醇な香りと食感は牛丼との相性も抜群で、一層深みのある味わいとなっている。
商品は9月15日(木)より期間限定、毎日11時30分からの食数限定での販売。(店舗毎の毎日の販売予定数に達した時点で販売終了。)

松茸牛丼:並盛(単品)700円 セット730円
※お持ち帰りあり。(セットは持ち帰りなし。)

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.