ソフトブレーン・フィールドが鍋料理に関する6,200人アンケート実施。好きな鍋料理の1位は男女とも「すき焼き」。食べてみたい鍋1位は「ふぐ鍋」、2位「きりたんぽ」、3位「トマト鍋」。

更新日:

フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木名瀬博)は、株式会社クレディセゾンとの共同事業である「Point of Buy(R)購買理由データ」のアンケートモニター6,205名(女性3,713名・男性2,492名、10代~80代)を対象に「鍋料理」に関するアンケートを2014年11月6日に実施したことを発表した。

■好きな鍋料理1位は「すき焼き」、2位は「しゃぶしゃぶ」、3位は「おでん」

▼図表1:好きな鍋料理について【複数回答】(n=6,205)

同アンケートではまず、好きな鍋料理について聞いたところ、1位は「すき焼き」で67.1%、2位は「しゃぶしゃぶ」で59.4%、3位は「おでん」で53.8%であった。男女年代別では、「すき焼き」は男女とも年齢が上がるにつれて回答率が高まっており、60代以上男女では7割以上の人が好きな鍋料理として挙げている。

■寒い季節に鍋料理を食べる頻度は週1回以上が4割

▼図表2: 寒い季節(11月~2月)に鍋料理を食べる頻度(n=6,205)

寒い季節(11月~2月)に鍋料理を食べる頻度については、「週2~3回以上」が11.2%、「週1回程度」が30.6%、「月2~3回程度」が32.6%、「月1回程度」が14.7%、「それ以下」が7.9%、「食べない/わからない」が3.0%となり、約4割の人が週に1回以上鍋料理を食べていることがわかった。
世代別で見ると、年齢が若いほど鍋料理を食べる頻度が低く、20代以下では月1回以下しか鍋料理を食べないという回答が4割を占める結果となった。

■鍋料理を食べるシチュエーションは『「家族」と「自宅」で』

▼図表3:鍋料理を食べるのは外食と家のどちらが多いですか(n=6,017)

▼図表4:鍋料理を誰と食べることが多いですか【複数回答】(n=6,017)

寒い季節(11月~2月)に鍋料理を食べる頻度で「食べない/わからない」と回答した方を除いた6,017名の方に、外食と自宅のどちらで鍋料理を食べることが多いかを聞いたところ、「外食」は5.3%、「自宅」が91.2%、「同じぐらい」が3.4%でした。

また、誰と鍋料理を食べることが多いかについては「配偶者」が63.2%、「子供」が40.5%、「両親」が23.2%と、家族が多数を占めた。一方、「一人」との回答も13.0%に上っており、一人鍋をすることが多い人が約10人に1人いることがわかった。

■鍋料理を作る時によく使う鍋の素はストレートタイプが人気

▼図表5:自宅で鍋料理を作る際に使用する鍋の素・鍋のつゆは何タイプですか(全体n=6,017、独身n=1,662)

同じく6,017名に自宅で鍋料理を作る際に使用する鍋の素となるつゆ・スープは何かを聞いたところ、最も多かったのはストレートタイプで51.6%、次に多かったのが濃縮タイプ(複数人用)で30.1%であった。
一方、独身に限定すると、最も多いのは全体と同様ストレートタイプだが、2番目は「使用しない」で34.4%であった。また、濃縮タイプ(一人用)は全体の使用率4.2%に対し6.2%とやや高い傾向にある。

■食べてみたい鍋のポイントは「高級食材」や「ご当地」、「話題性」

▼図表6: 普段は食べないが食べてみたい鍋【複数回答】(n=6,205)

アンケート回答者全員を対象に「普段は食べないが、食べてみたい鍋」について聞いたところ、1位は「ふぐ鍋」で26.8%、2位は「きりたんぽ鍋」で18.4%、3位は「トマト鍋」で16.7%、4位は「ゴマ坦々鍋」で16.0%、5位は「豆乳鍋」で11.7%であった。
ふぐ鍋やきりたんぽ鍋については、食材やエリアなどの関係で普段なかなか食べられる機会がないからといった意見が多数見られた。

具体的なコメントは以下の通り。(すべて原文まま)
「ふぐ鍋の調理は簡単ではないのでやっぱり店で食べたいです」(57歳女性)
「きりたんぽなどのご当地鍋は食べたことがないので、是非旅行先で試してみたい!」(33歳・女性)

一方、トマト鍋やゴマ坦々鍋、豆乳鍋については、テレビや雑誌で見て気になっているという意見や、担々麺や豆乳が好きなので興味があるといったコメントが見られた。

具体的なコメントは以下の通り。(すべて原文まま)
「トマト鍋は食べたことがないが、締めに卵を入れてオムライスみたいに食べられると聞いたことがあるので、気になっています。」(35歳女性)
「担々麺を食べる機会はあるものの、鍋では機会を得難く、寒い時期でもあたたかくなれそうなので、ぜひ試してみたいと思った。」(46歳女性)
「スーパーで良く見かける、レトルトパック入りのスープを使って、いつもと違う鍋を試してみたい。豆乳製品は以前、癖があって食べにくかったけれど、最近の豆乳製品(ヨーグルト、アイスクリーム等)は食べやすく、カロリーも低くて気に入っているので、鍋ものにも期待している。」(56歳女性)

今回のアンケートでは、寒い季節になると鍋料理を週1回以上のペースで食べる人が4割以上いることがわかったが、一口に鍋料理と言っても「すき焼き」や「しゃぶしゃぶ」といったものから、「トマト鍋」、「ゴマ坦々鍋」、「豆乳鍋」のようなものまで、嗜好は多様化しているようである。
さらに、家族で囲むだけではなく、一人鍋を楽しむ方も約10人に1人おり、一人鍋へのニーズもますます高まっていくと言えそうだ。

【調査実施概要】
対象:株式会社クレディセゾンの運営する「永久不滅.com」の「レシートで貯める」サービス登録会員約およびSBFの登録会員
調査方法:「レシートで貯める」サービス及び「レシートdeポイントサービス」を活用したインターネットリサーチ
調査地域:全国
調査日:2014年11月6日
有効回答者数:6,205名
属性:[女性] 20代以下 2%、30代 16%、40代 24%、50代 13%、60代以上 4%
[男性] 20代以下 1%、30代 5%、40代 15%、50代 13%、60代以上 6%

Copyright © 2014 SOFTBRAIN FIELD Co.,Ltd.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.