山崎製パン、開港の地・横浜ならではの「抹茶めろんぱん」が期間限定で発売。

更新日:

このたび、山崎製パン株式会社横浜第二工場と株式会社伊藤園からの「共創フロント」への提案により、「開港の地 横浜」ならではのパンを公民連携で開発した。

2018年5月1日から、関東地方のスーパー・コンビニエンスストアなどで期間限定で一斉に発売される。
横浜開港時に主要輸出品であった「お茶」の文化を、横浜を通じて日本全国へ広がったパンを通じて多くの皆様に親しんでいただきたいという想いから今回の商品化が実現。

商品概要

【商品名】抹茶めろんぱん 抹茶ホイップ&つぶあん
【販売期間】2018年5月1日(火)から6月末まで(予定)
【販売箇所】神奈川県内のデイリーヤマザキ、横浜市内のイトーヨーカドーのほか、関東地方のスーパー、コンビニエンスストアなど(参考売価130円)
【商品の特徴】メロンパンの生地とホイップクリームに、(株)伊藤園の抹茶を使用。パッケージには、横浜開港時のお茶輸出の様子を印象付ける、錦絵「皇国製茶図会 製茶見本検査の図」を使用。

【開発に至った経緯】
幕末から明治時代にかけて、横浜からは大量の緑茶がアメリカに向けて輸出されていた。
横浜の外国商人の店では船に積み込む前の品質検査が行われていましたが、品質の良い日本の緑茶はアメリカで高い評価を受けていた。
このような横浜開港の歴史と食文化を少しでも多くの方に楽しく知ってほしいという想いから、山崎製パン(株)横浜第二工場と(株)伊藤園が、抹茶を原材料に使用したパンを製作することとなった。
パッケージでは、「横浜開港資料館」が所蔵する資料を活用し、同館が、歴史的背景の監修を行った。
(横浜開港資料館は、公益財団法人横浜市ふるさと歴史財団が管理運営。)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.