アジア最大級を誇る「食の技術」の総合トレードショー「FOOMA JAPAN 2014 国際食品工業展」6月10日(火)~13日(金)東京ビッグサイトで開催決定。

更新日:

一般社団法人 日本食品機械工業会は、「FOOMA JAPAN 2014 国際食品工業展」を2014年6月10日(火)~13日(金)の4日間、東京ビッグサイト 東展示棟1~6ホールで開催することを発表した。
37回目を迎える今回は「食の未来を探しに行こう。」をテーマに、666社(共同出展社を含む)が出展し、出展面積28,072平方メートルの規模で行なう。

会場内では、出展各社が食品製造プロセスの効率化と自動化を図るための最新鋭の製品や最先端のテクノロジーを展示したり、実機のデモンストレーションを行うなどして製品の特長を国内・海外からの多数の来場者にアピールする。

また、期間中は出展企業が自社の製品・技術・サービスなどについて説明する出展社プレゼンテーションセミナーや、各大学・研究機関の研究発表及びシンポジウムなども開催。食品業界関係者の新たなビジネスの開発や技術力の向上に役立つ情報などを提供する予定。

【今年の特徴】
1.多様化する製造現場ニーズにロボット化が加速。会場内で展示・実演多数
2.FOOMAビジネスフォーラムで服部 幸應氏と山本 益博氏が対談6月11日(水)
3.今年も来場者には最高の“おもてなし”を提供

「FOOMA JAPAN 2014 国際食品工業展
2014 International Food Machinery & Technology Exhibition」の目的。
食品機械・装置および関連機器に関する技術ならびに情報の交流と普及をはかり、併せて食品産業の一層の発展に寄与することとし、「食の安全・安心」に関心が高まる中、食品機械の最先端テクノロジー、製品、サービスを通して、「食の技術が拓く、ゆたかな未来」を提案する。

公式サイト: http://www.foomajapan.jp

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.