土間土間 巨大牛タンやピリ辛料理を含む新グランドメニューの提供を開始

更新日:

コロワイドグループの株式会社レインズインターナショナルでは「居酒家土間土間」(全国154店舗※2018年6月1日時点)にて、2018年6月28日(木)より、78種類の新商品をはじめとした新グランドメニューの提供を開始する。新メニューでは土間土間で人気の肉料理を拡充すると共に、夏に向けて豪快な料理やピリ辛の料理などを提供する。

1枚で3つの部位が楽しめる!巨大牛タンを豪快に食す「焼き牛タン」

土間土間では6月28日(木)より、肉料理を強化した新グランドメニューを提供する。
この度のグランドメニュー変更では、牛タンの3部位を同時に味わえる「焼き牛タン(880円)」を新メニューに加える。土間土間ではタンの大きさに焦点を当てることで、1枚でタンの3つの部位を食べ比べできる楽しさを提供する。
タンの部位は「タン先」「タン中」「タン元」の3種類。それぞれに特長があり、食感や味に違いを感じてもらえる商品となっている。

部位紹介


タン先・・・牛がよく動かす部位で、味が濃く肉の味を特に感じられる部位。歯ごたえも十分堪能できる。
タン中・・・一般的に焼肉などに使われる部位。風味がよく、サッパリ食べられる。
タン元・・・タンの中で最も脂がのった希少部位。柔らかい食感とジューシーさを堪能できる。

新商品紹介(肉料理)

夏らしくレモンの酸味とパンチの利いたガーリックを味わう「熟成大麦牛のガーリックレモンステーキ」

熟成された赤身の旨みたっぷりなステーキ。従来より提供しており、土間土間の肉料理の中でも高い人気を誇る「熟成大麦牛のステーキ」の夏バージョンとして新登場。熱々の鉄板に盛られた熟成肉に豪快にタレをかけるとレモンの清々しい香りが立ち込める。赤身肉の持つ肉の味わいにパンチの利いたガーリックがアクセントに。さらにレモンの酸味でサッパリ味わえる一品となっている。
熟成大麦牛のガーリックレモンステーキ(690円)

ピリ辛のタレが絡み音と香りで食欲をそそる「牛カルビ焼き」

熱々の石焼きに牛カルビとナスやパプリカなど夏野菜を盛りつけた一品。一緒に提供されるタレを回しかけると「ジュー」という音とともにタレが肉や野菜にからまり、焼ける香りが食欲をそそる。カルビの肉質は柔らかく、脂の甘さを感じられピリ辛のタレとよく合う一品となっている。肉と野菜を一緒に食べるのがオススメの食べ方となっている。
牛カルビ焼き(690円)
※タレ・塩の2種類から選択可能。

一度食べたら止まらないシビレる辛さが魅力の「四川風麻辣ホルモン焼き」

夏といえば“辛”という人のために、辛シビメニューを導入する。花椒の利いた四川風の麻辣ダレをホルモンや野菜に絡めて食べる一品となっている。シビレる辛さと香りで食欲をそそる商品となっている。
四川風麻辣ホルモン焼き(690円)
※写真はイメージ。
※価格は全て税抜表示。

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.