「バターミルクチャンネル」がブルックリンから日本初上陸 原宿にオープン

更新日:

株式会社オーイズミフーズはアメリカ、ニューヨーク・ブルックリン発のアメリカンコンフォートフードレストラン「BUTTERMILK CHANNEL(バターミルク チャネル)」の日本1号店を東京・原宿に2018年9月28日にオープンいたします。

「バターミルク チャネル」はニューヨーク・ブルックリンの住宅街キャロルガーデンで、若者から家族連れまで地元の人々に愛され続けるアメリカ料理のレストランです。
リラックスした雰囲気で、上質な素材を洗練された手法で提供するレストランとして認知され、リーズナブルで質の高い料理を提供する店として数多くのレストランガイドで評価されています。

アメリカでは、子供の頃から食べなれているフライドチキン&ワッフルやポークチョップ、パンケーキなど、気負いなく楽しめる定番料理が「コンフォートフード(Comfort Food)」として親しまれています。
「バターミルク チャネル」のNo.1人気メニュー「バターミルクフライドチキン」も2008年のオープン当初より、数多くのメディアやブログに取り上げられ、現在ではその味を求めて、マンハッタンの食通も通う人気店となりました。

ブルックリン本店のブランチは「ザガット」ニューヨークシティ2017のブルックリンのベストブランチにもランクイン※1する週末の人気メニューです。
米国外初の出店となる「BUTTERMILK CHANNEL Harajuku(バターミルク チャネル 原宿)」では、ブランチメニューを毎日提供。午後はティータイム、そしてディナーと、1日を通して様々なシーンに対応するレストランとなります。

食べるとほっこりとした気持ちになるアメリカンコンフォートフードと心温まるフレンドリーなホスピタリティを提供し、食とサービスを通じて広がる人のコミュニティを大切にするレストランを目指しています。

レストランの格付けガイドブックの「ザガット 2017 ニューヨークシティ レストランズ(ZAGAT 2017 New York City Restaurants)」において、SPECIAL FEATURES / BRUNCH部門及びアメリカ料理でランクイン。カテゴリー毎のベストレストランBEST BETS / OCCASIONS & SITUATIONSのBRUNCHカテゴリー、BROOKLYNエリアでランクイン。また、エリア毎のベストレストラン(TOP LISTS内TOPS BY LOCATION / CARROLL GARDENS)でランクインしました

■OUR STORY
「バターミルク チャネル」の店名は、ブルックリンの本店所在地より少し西に位置するガバナーズアイランドとブルックリンの間にある約2kmに渡る海峡の名前に由来しています。
ブルックリンがまだ農地だった頃、畜産農家の人たちはその海峡をボートで越え、マンハッタン島の市場まで牛乳を売りに行っていました。バターミルク海峡の潮流はとても激しく、ミルクがバターになってしまうほどだった、と言われていました。

バターミルクは、私たちが提供するアメリカンコンフォートフードには必要不可欠な材料のひとつでもあります。パンケーキをふんわりさせたり、フライドチキンの肉を柔らかくジューシーに、そして外の衣をカリッとさせてくれるのです。

そのバターミルクにバターミルク海峡の名前をかけて「バターミルク チャネル」のブランド名が誕生しました。

オーナーのダグ・クローウェル(Doug Crowell)は生粋のニューヨーカー。ニューヨークで生まれ育ち、料理界の名門カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ(The Culinary Institute Of America)を卒業後、様々なレストランで料理人として修行を積み、自分の一番の情熱はサービスマンになることであると再認識します。
ユニオンスクエアのBlue Water Grillでジェネラルマネージャーを務めた後、ニューヨークの老舗フレンチレストラン Picholineのキッチンでシェフのライアン・アングーロ(Ryan Angulo)と出会い、2008年にブルックリンの由緒ある住宅街キャロルガーデンに、カジュアルアメリカンビストロ、「バターミルク チャネル」をオープンしました。

ブルックリンの本店は、ニューヨークならではのブラウンストーンビルが並ぶキャロルガーデンの一角にある50席ほどの小さなレストランですが、開店当時より「ブルックリンで一番ホットなレストラン」として、その地位を確立しています。

ブルックリンに住む若者から家族連れまでみんなから愛され、友達同士や地域の人たちが集まる憩いの場となっています。早い時間からの家族でのディナー、ロマンチックなデートの夜、遅い時間まで続くお祝い事や次の日の二日酔い明けのブランチなど、どんな用途にも使えるレストランとして、地元の住民だけでなく、マンハッタンに住む食通やセレブリティまでをも魅了しています。

メニュー概要

■BUTTERMILK CHANNEL Harajuku(バターミルク チャネル 原宿)の特徴

【FOOD】

<誰もが知っている料理を、上質な材料と工夫でていねいに仕上げたアメリカンコンフォートフード>

「フライドチキン&ワッフル」、「ポークチョップ」、「ミートローフ」そして「ピーカンパイ」など、「バターミルク チャネル」の人気メニューはどれも、アメリカでは定番の誰もが知っている料理。最近では食べるとほっこり幸せな気分になる「コンフォートフード」としても改めて評価されています。
「バターミルク チャネル」ではアメリカの定番料理を、厳選した上質な材料とていねいな調理、そしてそれぞれに工夫を施し、舌の肥えた大人たちを魅了する料理に仕上げています。

バターミルクを使い3日以上かけて仕込むフライドチキン、鶏ガラや野菜を煮詰め、余分な脂を取り除いた後、さらに野菜を投入して煮詰めたコクのあるソースで食べる鴨のミートローフ、原料の3割以上をチェダーチーズが占める贅沢な手作りワッフル、肉を使わずたっぷりの野菜で作ったラザニア。さらにサラダに使われるフライドケッパー、料理に添えられるモルドンの結晶塩など、こだわりの仕上げで提供します。


<ニューヨークのフライドチキンブームを牽引。特製シロップがくせになる「バターミルク フライドチキン」>

コンフォートフードの中でも、「バターミルク チャネル」の地元ニューヨークでは数年前からフライドチキンがブーム。USAトゥデイ他、様々なランキングにも「バターミルク チャネル」はランクイン。
チェダーチーズワッフルと、特製シロップが添えられたカリっとそしてジューシーなフライドチキン。最初はそのまま、そしてシロップをたっぷりかけて、味の変化を楽しめる1皿です。
きっとクセになる、ニューヨーカーが愛してやまない「バターミルク フライドチキン」をぜひお楽しみください。


<「バターミルク」をつかったメニュー>

店名にもつかわれているバターミルク。アメリカでは料理の風味づけやお菓子の材料として利用されています。
「バターミルク チャネル」では、代表メニューのフライドチキンやパンケーキはもちろん、リコッタトーストに欠かせないリコッタチーズにもバターミルクが使われています。


<オーナー、ダグのこだわり>

ブルックリンの本店の週末のブランチは、予約をとらないため、店の前の歩道がテーブルの空きを待つ人たちでいっぱいなることがあります。
それでもこの店を選ぶのは店を支えるダグの誠実なホスピタリティがリピーターの心を捉えているから。それはサービスだけではなく、メニューにも活かされています。

店舗概要

【About Us】

<ブランチ - カフェタイム - ディナー どんなシーンでも使えるビストロ>

「バターミルク チャネル 原宿」は1日を通して上質な料理を提供するビストロスタイルの店舗です。ブラディマリーやミモザと一緒に楽しむ気軽なブランチ、こだわりのスイーツを提供するカフェタイム、そして料理にあわせたワインと楽しむディナー。
原宿の喧騒のなか、大人が楽しめる空間を心地よいサービスとともに提供いたします。

■BUTTERMILK CHANNEL Harajuku(バターミルク チャネル 原宿)
開業日     :2018年9月28日(金)
所在地     :東京都渋谷区神宮前1丁目11-11
予約専用電話番号:050-3171-8928
(2018年9月11日から受付、受付時間10:00-22:00)
営業時間    :[Brunch]10:00~15:00
[Cafe] 15:00~17:00
[Dinner]17:00~23:00(ラストオーダー 22:30)
◆オフィシャルサイト: http://www.buttermilkchannel-jp.com

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.