「これは美味いわ!!」ガツン度の高いスープが胃袋を掴む二郎インスパイア系「アオイロー」

更新日:

ラーメン官僚(田中一明)の「麺レポ!」

田中一明[著・写真]/ GourmetBiz編集部[編]

川口市と蕨市に拠点を構える「中華そば 葵グループ」の4軒目のブランドで川口駅に本年6月26日にオープンした「ガチ盛りラーメンアオイロー」。「葵グループ」ブランド展開2軒目は淡麗系と台湾まぜそば、3軒目は鶏白湯となっている。店舗オリジナルのラーメンを提供する1号店以外は、どちらかと言えば、特定のコンセプトを定め、そのコンセプトに沿ったラーメンを手掛けるスタイル。今回の「アオイロー」では、(満を持して、)二郎インスパイア系を提供。埼玉においては最近、大宮の実力店『狼煙』が二郎系メニューの提供を開始したところ。というわけで、実力店が手掛ける二郎インスパイアが、今後、ちょっとしたムーブメントとなるのかも知れない。

さて、『アオイロー』のロケーションだが、店舗の場所は、JR川口駅から徒歩10分程度。駅と近接するラーメン店が多い川口エリアにしては、やや駅から離れた立地だが、人気の『葵』グループが手掛ける二郎インスパイアが食べられるということで、店内は常に満席状態。私も、席が空くまで10分程度待機した後、店内へ。

基本メニューである「らーめん(小)」をオーダーさせていただいた。注文が通ってからのオペレーションは新店とは思えないほどスムーズで、それほどの時間が経たない間に「らーめん」が完成。

まずは、スープをひと口啜ってみた。うん美味い、これは美味いわ!!
どちらかと言えば『富士丸』や『どでん』に通じるニュアンスを漂わせた甘みのあるスープには、食べ手の胃袋を掴むだけの牽引力がある。膨らみのある豚のコク&うま味も相まって、レンゲを持つ手を止めさせない。
このスープに合わせる麺がまた、すこぶる好印象。本家の二郎と較べても何ら遜色がない極太麺を、大胆に採用。ゴワっと硬質な麺の食感が、ガツン度の高いスープの持ち味を、より一層高める役割を全うしていた。

今回はらーめん(小)を注文

トッピングで野菜やあぶらを追加することができるようになっている

さすが、押さえるべきポイントは押さえているなといった印象だ。一気呵成に食べ進め、瞬く間に完食。総じてハイレベルな1杯であり、二郎がお好きな方は、足を運ぶ価値は十二分にあると思う。

店舗概要

所在地:埼玉 川口市幸町2-16-3
営業時間:11:00〜14:30 18:00〜22:00(日:祝は21時迄)
定休日:不定休
公式Twitter:https://twitter.com/aoiro10

田中一明さんのプロフィール

田中一明(通称・ラーメン官僚かずあっきぃ)
1972年生まれ。東大卒の現役官僚でありながら「超・ラーメンフリーク」として年間700杯を超えるラーメンを、エリアを問わず実食。現在までの通算杯数は14,000杯に迫る。テレビ番組への出演や、雑誌やムック本の監修を行ない、ラーメン情報を精力的に発信している。「アウトプットは、着実なインプットの土台があってこそ説得力を持つ」という信条を持ち、新店から老舗に至るまで、47都道府県の店舗を探訪。信頼度の高さに定評がある。

※こちらの記事は、田中一明さんの了承を得てfacebook投稿を再編集したものです。田中さんのfacebookページはこちら

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.