フルーツグラノラがドリンクに。「ケロッグ 飲む朝食 フルーツグラノラ」関東を中心にコンビニ限定で発売。

更新日:

サントリー食品インターナショナル(株)(本社:東京都中央区、社長:鳥井信宏)は、ケロッグ・カンパニー(本社:アメリカ・ミシガン州 バトルクリーク、会長兼最高経営責任者:ジョン・ブライアント 以下、ケロッグ社)とライセンス契約を締結し、同社が独自に開発した「ケロッグ 飲む朝食 フルーツグラノラ」を4月7日(火)から、1都10県のコンビニエンスストア限定で新発売することを発表した。

main 「ケロッグ 飲む朝食 フルーツグラノラ」は、100年以上にわたり、朝食を通じ、心とからだの健康を研究し続けている“朝食の専門家”ケロッグの栄養設計における知見を参考に、同社独自の中味開発技術により開発した、おいしさ・手軽さ(飲む)・満足感(食べる)・栄養バランスを兼ね備えた飲料。

近年、日本人の朝食欠食率は40年前の約2倍になっており、特に20~30代では、3~4人に1人と突出して高くなっている※1。さらに、朝食欠食時には、飲料や菓子類など、手軽で甘さがあるものを好んで口にしていることが同社の調査によりわかった。
こうした現代の若者ならではの傾向を踏まえ、ケロッグ社が持つ栄養設計の豊富な知見を参考にしながら、商品化を進めた。さらに、おいしさやヘルシーさなどが評価され、第3の朝食として定着しつつある、シリアルの中でも特に昨今人気を博しているグラノラに注目した。「ケロッグ 飲む朝食 フルーツグラノラ」は、豊富な乳原料、複数の果実・穀物素材を使用し、「フルーツグラノラ」のようなおいしさで、手軽に栄養と満足感が得られる、これまでの飲料にはない新価値を提案していく。
※1 平成24年 国民健康・栄養調査

●中味の特長
ビタミン、食物繊維、カルシウムなど不足しがちな栄養素と、糖類やタンパク質を適切に配合した。また、バナナミルクをベースに4種の穀物・6種のフルーツを使用し、さらに果実ゼリーを組み合わせた。
(1)忙しい朝に合った栄養設計(栄養機能食品※2)
朝食を抜きがちな20~30代の忙しい朝に最適な、エネルギーの即効性と持続性を考え、糖類やタンパク質などの配合を工夫した。また、不足しがちなビタミン、食物繊維、カルシウムを中心とした栄養素も配合、バランスよく摂取することができる。〈1本あたり、およそ食パン(8枚切)1枚のエネルギー、レタス1.5個分の食物繊維、牛乳1杯(200ml)分のカルシウム含有。〉
※2 栄養機能食品の表示基準を満たすカルシウム250mgを含む。

(1)満足感のある味わいと食感
乳原料とバナナピューレを贅沢に使用した、濃厚でまろやかなバナナミルクに、4種の穀物(大麦・はと麦・とうもろこし・焙煎米)と6種のフルーツ(マンゴー・いちご・アップル・パイン・パパイヤ・レーズン)を配合した。仕上げに、ココナッツなどの風味を加えることで「フルーツグラノラ」の特徴的な味わいを楽しめる。
また、同社専用のゼリーライン(インラインクラッシュ製法)で製造した果実ゼリーを配合することで、気持ちよい喉越しと、食べたかのような満足感を実現した。

●パッケージの特長
ケロッグのブランドカラーであり、朝にふさわしく、元気になれる印象の赤色をベースに、「フルーツグラノラ」の特徴である様々な種類のフルーツやシリアルをデザインした。また、天面には栄養素の含有量を示すチャートを配し、飲みながら栄養バランスのよさを感じられる。
sub1また、発売に合わせてTV-CMをはじめ、交通広告やWEBなどのプロモーション活動を積極的に展開し、「ケロッグ 飲む朝食 フルーツグラノラ」の登場を盛り上げていく。

▼商品名・容量・梱包・希望小売価格(税別)・賞味期限
「ケロッグ 飲む朝食 フルーツグラノラ」
200g カップ 12本 180円
賞味期限18日間(要冷蔵10℃以下)
▼発売期日:2015年4月7日(火)
▼発売地域:1都10県※のコンビニエンスストア
※東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、静岡県、
山梨県、長野県、新潟県。なお、一部の店舗では、お取扱いがない場合がございます。

▼「ケロッグ 飲む朝食」ホームページ:http://suntory.jp/kelloggs/

COPYRIGHT 2015 SUNTORY HOLDINGS LIMITED.
※すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.