疫病退散の願いをこめて 如水庵が「アマビエ」の上生菓子とどら焼きを販売

更新日:

株式会社如水庵は、新型コロナウイルスの終息を願って3月よりツイッターで広まっている江戸時代の妖怪「アマビエ」の上生菓子とどら焼きを通販・ECサイトにて販売開始しています。

疫病退散上生菓子(通信販売限定) 左からアマビエ姫、お地蔵様、アマビエ様

筑紫菓匠 如水庵は、4月9日より新型コロナウイルス拡大防止の観点から、直営店29店舗で臨時休業・営業時間短縮を適宜実施しています。 生活者の暮らしが一変し、ステイホーム(外出自粛)が続く、少しでも自宅でみんなで楽しめるように、オンラインストアを通じて「1日も早くこの事態が終息し、平穏な日々が戻るように」と祈りを込めて疫病を鎮めるといわれる妖怪アマビエの和菓子を開発し、今回の商品化に至りました。

小豆は古来より「厄災除けの力」があると信じられてきました。お彼岸におはぎ、小正月に小豆粥を食べるのも、小豆の持つ「厄災除けの力」で無病息災を願う習慣です。 北海道十勝産「生産者限定」小豆の粒あんを、疫病を鎮めるといわれる妖怪アマビエの焼印を押したふっくらとした生地ではさみました。

商品詳細

商品名:アマビエどら焼
発売日:5月7日(木) 価格 :1個195円(税込)

商品名:疫病退散上生菓子(通信販売限定)
発売日:5月14日(木) 価格 :6個入1,820円(税込)

※オンラインストアで販売中 公式オンラインショップ:https://www.josuian.jp

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.