ヒルトン東京 パリの街角をイメージしたクリスマス・スイーツビュッフェを開催

投稿日:2020/10/21 16:11 更新日:

ヒルトン東京1階「マーブルラウンジ」では、館内一斉にクリスマスデコレーションとイルミネーションが始まる11月13日(金)から12月25日(金)までの期間、クリスマス・スイーツビュッフェ『クリスマス マジカル・ウィンドー』を開催します。料金は一人3,980(土・日・祝日¥4,300)で、午後2時半より5時半まで毎日開催します。

街中が煌びやかなクリスマスイルミネーションに包まれるこの季節、ふと周りを見渡すと至る所で小さな魔法が起こっているような不思議な錯覚をおぼえます。クリスマスショッピングで行き交う人々の目を楽しませる華やかなクリスマスディスプレーで溢れるお店の窓を覗いてみると、クリスマス・フェアリー達がこっそりとクリスマスのお菓子を作っていた!?そんな空想の世界で展開される今年のクリスマス・スイーツビュッフェでは、ロマンティックなパリの街角をイメージした空間で様々なクリスマス・ウィンドーがおとぎの世界のように登場します。

クリスマスらしい赤、白、グリーンを基調に、エグゼクティブ・ペストリーシェフ 播田修(はりた おさむ)が妖精(フェアリー)に代わって作る今年のクリスマス・スイーツは、スパイスをまるで魔法のように効かせた遊び心溢れるラインアップ。ビュッフェのクオリティを超える1つ1つ丁寧に作るこだわりの約30種類のスイーツとドイツの高級紅茶ブランド、ロンネフェルト社の紅茶を含む10種類のドリンクを、クリスマスジャンボツリーが飾られるラウンジで優雅に楽しめるようになっています。

鮮やかなグリーンが一際目をひく「ツリーランド」は、ピスタチオフレーバーのパートシュクレの上にみかん風味のダークチョコレートガナッシュ、さらにその上にはみかんと青りんごをカルダモンで煮詰めたガルニチュール入りピスタチオのババロアを乗せたちょっぴりビターな大人味で仕上げました。真っ赤な星型チョコレートが飾られるリース風ケーキ「クーロンヌ・ドゥ・ノエル」は胡椒の香りをほんのり移したシナモンババロアの中に赤スグリとフレーズデボア入りバニラのガナッシュを忍ばせました。

アーモンド、胡桃、ピスタチオやオレンジピールのコンフィーを合わせたリッチな蜂蜜のムースタルト「パリのモンテリマール」は、爽やかな酸味のクエッチとドライプルーンのカスタードクリームがアクセントに。その他にも五香粉と共にキャラメリゼしたパイナップルのベイクドチーズケーキ「クリスマスにパイナップルなの?」、ココナッツを効かせたキャラメルとパッションのムースケーキ「オーナメントに変身中」などを楽しめるようになっています。

出来立てのスイーツをシェフがその場で仕上げるライブキッチンでは、ヴァローナのチョコレートにシナモンパウダーとエスプーマでふんわり仕上げるクリームを乗せた「ホットチョコレート」、バニラ、オレンジ、シナモン、ローリエなどスパイスとフルーツたっぷりで作る「ホットワイン」など、パリのクリスマス定番ドリンクやスイーツを用意。スモールポーションの「フルーツタルト」やカリッとしたアーモンドの焼き菓子にクリームを乗せた「ホワイト・ツリー」、サンドイッチやパスタなどの軽食も揃う充実のラインアップでクリスマスの華やいだアフタヌーンティータイムを過ごせるようになっています。

ドリンクはドイツの高級紅茶ブランド、ロンネフェルト社が贈るクリスマス限定の紅茶を含む全10種類のセレクションを用意しています。ドイツのホットワインをイメージしたブレンドフルーツハーブティー「グリューワインティー」、ルイボスティーにシナモン、オレンジピールなどをブレンドした「ウィンタードリーム」など、スイーツに合わせて味わえるようになっています。

クリスマス マジカル・ウィンドー スイーツビュッフェ 概要

会場: 「マーブルラウンジ」 (ヒルトン東京1F)
期間: 11月13日(金)~12月25日(金)
営業時間: 毎日 2:30pm – 5:30pm
料金:¥3,980(土・日・祝日¥4,300) ※表示料金には別途税金とサービス料が加算されます。

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2022 All Rights Reserved.